男の恋愛術

人生を充実させる!男性におすすめの趣味70選

Pocket
LINEで送る

男性におすすめの趣味をお探しですね?

趣味があると、人生が豊かになります。

家と会社の往復でハリがない、休日も家でじっとしているだけで楽しくない…。

そんな男性も多いのではないでしょうか。

もしあなたに「趣味がない」というのであれば、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

今回は、男性におすすめの趣味を厳選して紹介していきます。

趣味を見つけて、充実した人生を取り戻しましょう!

それでは、いってみましょう!

 

このページの目次

男性におすすめの趣味70選

男の趣味1.登山

登山は男性におすすめの趣味です。

まず、山登りをしているというだけで、忍耐強く、家庭向きな男性というイメージがつきます。

実際に、私が婚活をしていた際に、男性の趣味として好印象だったのが、山登り等のアウトドア系でした。

実際に山登りをしている人は、山を登るという達成感を味わうことを目標にしているので、とても忍耐強く、山では知らない人同士でも気軽に挨拶することがルールなので、自然と社交性も身に付きます。

そして初期費用がそれほどかからなく、維持費もかからないので、経済的にも負担がありません。

山登りは老若男女問わず行えるので、夫婦でも、子供とでも、また友達や両親とも気軽に楽しめます。

山登りは大変ですが、自然と触れ合うことでストレスも大幅に解消されます。

今のストレス社会で戦う男性には特にオススメです。

普段働いてるだけでは難しい、運動不足解消が期待できます。

山登りによる達成感が気持ちいいし、自然の空気も心地よく、それらを感じる事でストレス解消になるでしょう。

また山登りによりぐっすりした眠りに繋げられます。

友人や彼女、ご夫婦でチャレンジすると、いつもと違って楽しいです。

山を登る以外する事もないので、自然と会話も生まれ親交を深められるでしょう。

自然の中でも、川のせせらぎを感じたり、虫を発見したり発見がいっぱいで楽しいと思います。

なによりアミューズメントパークとかと違って、入山にお金がかかりません。

必要であれば、山登りのための装備品を買う出費が出てくる場合もありますが、アウトドアグッズを選んだりといった、お買い物の楽しみも増えるでしょう。

今アウトドアやグランピングも流行っており、山登り用に買ったものも、共通して使えるのでおすすめです。

運動不足解消と自然の心地良さを同時に味わえて、泊まりたかったら、キャンプや車中泊でいつもと違う解放感があります。

登山は、体力が必要な趣味なので、身体を鍛える目的でも、男性におすすめできる趣味だと思っています。

登山は登った後の達成感が物凄いですよ。

私は学生のころから登山部に入っていますが男性におすすめしたい活動だと思います。

結構女性も多いので、登山で女性にアタックするのもいいでしょう。

同じ趣味があると長続きしますしね。

登山は色々なところに登ることが出来ますが、私が特におすすめしたいのはマイナーな山です。

マイナーな山はあまり知られていなくて混んでいないので、自分のペースで山を登ることが出来ます。

混んでいないところがミソですよ。

また、最近はオシャレな登山着や靴、リュックも多いので、彼女や奥様と一緒にウェア等を選ぶ時間も持て、良いのではないかと思います。

登山の場合、危険性からあまり一人で登ることはないかと思いますので、彼女や奥様、お友達などを誘って登れることもあり、コミュニケーションを活発にとることのできる、楽しい趣味になるでしょう。

男の趣味2.料理

男性には料理を趣味にすることをオススメしたいです。

料理を男性におすすめする理由は、①料理ができる男性は圧倒的にモテる!ことです。

これからは、女性も男性と同じように働きながら、2人の収入を合わせて家庭生活を成り立たせていく時代です。

育メンという言葉もありますが、家事や育児をいっしょに担ってくれるパートナーを女性は求めています。

次に理由その②は、料理に没頭する時間は、普段の仕事や人間関係などのストレスから開放される時間となることです。

さらにその③は、もし老後に配偶者に先立たれてしまっても、自立した生活を送ることができることです。

男性でも最近料理をする芸能人などが出てきていますが、男性が作る料理を評価する女性が増えているように思います。

まずは簡単な料理から作って、どんどんハマって凝った料理をするようになった知り合いの後輩もいます。

一人暮らしの男性からすれば、趣味を料理にすれば自分の生活にも役立ちますし、彼女がくれば料理を振る舞い、株も上がります。

また会社などで、BBQをした際などにも、料理ができる男性はもてはやされたり、話の中心として注目されたりしているので、料理ができる男子はとても好印象でしょう。

男の趣味3.パン作り

男性の趣味にはパン作りがおすすめです。

ある日電子書籍のパン作りの本を見つけ、即購入しました。

私は自分の家で機材もなしにパンが作れるなんて知りませんでした。

使うのはオーブントースターだけです。

レシピを見る限りパンを作る工程は想像以上に簡単でした。

いまでこそペースは落としましたが、毎日作っては食べの繰り返しでした。

本当に多様なレシピが作れます。

材料に工夫をしたり、調理する工程を変えたり、チョコチップやベーコンなどを練り込んだりも出来ます。

パン作りが男性にお勧めな理由は簡単で奥が深いからです。

余計な道具もいらないしスタートもしやすいです。

あまり考える必要も無いのに、際限なく味を追求する事も出来ます。

パン作りは全体的に男性向きの趣味だと思います。

男の趣味4.楽器

ギターやベース、ドラム、トランペット、トロンボーン…など、「楽器」を趣味として全ての男性におすすめします。

なぜなら、楽器を弾いている姿は、どういうわけか5割増しでかっこよく見えるからです。

また趣味を聞いたときに「楽器」と答えられるのも素敵ですよね。

私自身も趣味で楽器をやっていますが、上手な男性には憧れますし、習いたいと思うこともありますし、魅力を感じます。

楽器を買わなければならないので最初はお金もかかりますし、練習も必要です。

それでも、上達し始めれば絶対に楽しいですし、同じ趣味の女性と知り合う確率もあがるはずです。

かっこよさもあがるうえに長く続けられる趣味なので、男性には特に強くおすすめします。

楽器を弾くということの最大のメリットは、家で自分のペースで行うことができるという点であると考えます。

男性は仕事をしている方が多く、趣味に使う時間を家でゆっくりする時間に当てたいという方も多いと思いのではないでしょうか。

しかし、楽器を弾くことは家で自分の気が向いた時にすることができるし、ギターやベースはアンプに繋がなければ大きい音がなることもないので騒音問題にもなりづらいと考えています。

また、自分の好きな音楽を弾けるということはやはりとても嬉しいですし、弾けた時は達成感を覚えやすいと考えています。

また、趣味が長く続いていればバンドをしていくことも可能になります。

ストレスが多い日本ですが、良い気晴らしになると思いますので、楽器を演奏するということをお勧めさせていただきます。

実際に私は学生時代にバンドをやっていたこともあり、独学でギターとピアノを覚えました。

一時期はプロを目指してましたが、今は趣味でやっている程度です。

バンドをやっている時は、かなり女の子のファンもいてモテました。

今も趣味程度でやっていると言っても、それだけでモテたりすることがあります。

なかなか目の前で演奏する機会はありませんが、軽くアコギなどを弾く機会があり実際に聴かせた時は、かなり女性から好感を持ってもらえます。

楽器演奏が趣味=音楽通というイメージも持ってくれるので、それだけで好感度がアップします。

男の趣味5.スパニッシュギター(特にフラメンコの伴奏としてのギター)

音楽、楽器の演奏ができると、やはり注目されます。

バンドやっているギタリストは男性から見てもカッコいいですし、モテたいからギターを練習するようなところもあります。

ただ、エレキギターだと、バンド組まないと活動難しいし、皆がロック好きなわけではないです。

私は趣味でフラメンコのレッスンに通っています。

踊るための、脇役としてのギターですが、ライブの時など、踊りの合間にソロで見せ場もありますし、フラメンコを見にくる人の男女比は7:3くらいで圧倒的に女性が多いです。

なので、フラメンコギタリストはかなり注目されます。

フラメンコギターやっている人は同時にフラメンコも踊れるようになるようですから、ギターできて、踊れたら、カッコいいと思われるのは間違いないです。

若手のギタリストが少ないのが現状なので、上達すれば、引っ張りだこになると思います。

男の趣味6.バイク

バイクの魅力は、何といっても操る楽しさではないでしょうか。

車と違い、乗りての差がハッキリと体感できる乗り物の一つで、私自身も未だに自分で満足のいく操作が出来ず、何回乗っても飽きが来ません。

現在は高校時に免許を取る事ができないため、初の免許が車という方が多いと思いますが、特に男性には一度はオートバイに乗って頂き、ツーリングを味わって頂きたいと思います。

趣味として「バイク」をおすすめする理由は、3つあります。

【おすすめポイント①】風を感じられる

バイクはただの移動手段ではありません。気持ち良い風を感じて走れる、アトラクションのような要素もあるのです。

生身の身体で車道を走るのはスリリングに感じられるかもしれません。

カーブを曲がるときにバンク(身体を斜めに倒して操作)するのも、慣れるまでは少し怖いです。

それらも、慣れてくると「気持ち良い」と感じられるようになってきます。

【おすすめポイント②】行動範囲が広がる

走るのが気持ち良く感じられるようになると、ツーリング先を決めて色々なルートで出かけたくなってきます。

バイク用の地図(ツーリングマップル等)には、温泉や絶景、グルメ情報も載っているため、今まで知らなかったような素敵な場所を知ることができるのも魅力です。

【おすすめポイント③】バイク乗り同士での交流が心地良い

ツーリング中のライダー同士は、走行中すれ違う際にハンドサインで挨拶をしあう文化があります。

お互いの安全な旅を願って、サインを出し合うのです。

すれ違う一瞬にだけ生まれる繋がりは、日頃の疲れを癒してくれます。

また、各地にはライダーズハウスという格安の宿泊施設があり、そこで様々な世代の方と出会えるのも面白いです。

バイクツーリングは、風を感じてストレス解消になります。

特に田舎道や海沿いなどは気持ちよく飛ばしたくなります(制限速度は守りましょう)。

小型~大型問わずカスタムするのが楽しいです。

エンジンまわりや足回りなど難しいものだけでなく、ただ自分好みの見た目にするだけでも良いと思います。

欲しいパーツを考えたり、ネットやお店をみるだけでも楽しくなりますよ。

一番のおすすめポイントは同じ趣味を持った仲間に出会えることです。

バイクを買ったお店やバイクを持っている友人と楽しさを共有して語ったり、ツーリングしているとかかった費用なんかどうでもよくなるくらい充実した日々を送れるでしょう。

男の趣味7.ジム通い

ジムで鍛えることです。

ジムで鍛えている男性はとてもかっこいいです。

筋肉も隆々ですし贅肉も一切無いのでたとえおじさんだとしてもかっこよく見えます。

お腹のぶよぶよの男性は今は流行りません。

会社帰りにジムに行く方が大変増えているそうです。

ジム通いが男性におすすめな理由は大きく3つあります。

一つは体形維持です。

中年男性は、とかく付き合いの飲み会などで暴飲暴食しがちです。

そんななかでもジム通いをしていれば、たるんだ体になることを防ぐことができます。

二つ目は、健康維持です。

脂肪肝や糖尿病など、生活習慣により起こる病気は多いものですが、ジムで消費カロリーを計算し、インストラクターと食事について話などすることで、食事も含めた健康維持が可能です。

最後に大切なのは、周囲の人間関係をアップグレードできるところです。

ジムに来る人は、月一万円以上の投資を自分に対してできる人たちです。

そのような人々とふれあう機会を作るということは大切です。

また、他のパチンコや競馬などギャンブル関連の、大損をしかねない趣味の時間を削って自分への投資を行うことは、自分を磨きあげることですので、周りからの視線もよくなることでしょう。

筋肉は少しトレーニングをやれば付くというものではなく、とても長い期間を要して行わなければならないため、筋トレは、筋肉を大きくするだけでなく、忍耐力や精神力も鍛えることができます。

筋骨隆々の肉体を手にして夏の海に繰り出すことで、モテること間違いなし!

男の趣味8.ウォーキング

ウォーキングは男性におすすめの趣味です。

実際ウォーキングは誰でもできることだし、気分転換、ダイエット、いろんな目的があって始められる趣味だと思います。

24時間テレビが夏にあったり、東京オリンピックも近づいて、なにかしら運動をしたいと思うけど、ジョギングはしんどいし、いきなりすると怪我をするかもしれないと思っていませんか?

それなら、ウォーキングがオススメです。

「ウォーキングなんか…」と思われるかもしれませんが、20分も歩けば、脂肪は燃焼し始めます。

無料のアプリで万歩計的なものはたくさんあり、全国ランキングとかもしてるので、競争心を掻き立てられて、続けることができるでしょう。

体型維持の観点からもとてもいい趣味だと思います。

男の趣味9.ピラティス

男性でも姿勢が悪いと健康的に見えないし、カッコ悪く見えます。

姿勢が良くて引き締まっていて、程よい筋肉がある人が、理想的です。

そんな身体を手に入れられるピラティスは、とてもオススメ。

老後の身体の事を考えたら趣味として少しでも早く初めると絶対あとあと良かったと思える事間違いなしです。

身体も疲れにくくなると、心も安定するらしいので、現代社会にもってこい!

ピラティスを続けていると、健康的で機能的な身体を目指すので、姿勢も良くなって見た目も良くなる上に、自分の身体が楽になるので、仕事もさらにはかどるという、良い事づくめだと思います。

身体が整うと、精神的にも穏やかになるので、身体だけでなく精神的に安定したねと言われます。

本当に身体が資本だと思うので、中身から健康になり、程よい筋肉をつけれるピラティスがおススメです。

男の趣味10.ボルダリング

ボルダリングは男性におすすめの趣味です。

最近は出来るところも増えましたし、気軽にできるのがいいところですね。

シューズとかのレンタルもあるので、着替え以外は手ぶらでいくことができます。

インストラクターの方が教えてくださるので、初心者の方も始めやすいと思います。

やっていくうちにだんだん高いところまで登れるようになるので達成感もあります。

登っているところもやっぱり男性の方はカッコいいですし、女性はしなやかな体の筋肉を見るのが好きです。

ボルダリングは運動もできますし、結構頭を使うのでおもしろい趣味になると思います。

体を動かしますので、体型も維持できます。

また、靴の良し悪しや、ウェアなどおしゃれをしたりと女性にアドバイスできますし、何より様々楽しめますので、男性にはオススメです。

男の趣味11.筋トレ(自宅トレーニング)

私がおすすめしたい趣味は筋トレです。

筋トレはお金をかけずに満足感を得られる点が素晴らしいです。

場所や時間も少しだけでいいから忙しい人でも充分楽しめます。

大抵の趣味は自己満足して終わってしまいますが、筋トレは違います。

筋トレをする事で疲れにくい体を作ったり、姿勢が良くなったり、血流が良くなったりと実生活において様々なメリットがあります。

何より自分で計画を立てて、それを継続し成果が出るまで忍耐強く頑張るということを繰り返すうちに、自分に自信が持てるようになります。

自分に自信が持てると普段の生活もエネルギッシュなものになり、楽しい日常生活を送ることができます。

学生時代は体育の授業や部活等での運動習慣がありますが、社会人となり運動する機会が少なくなると、体重が増え、だらしない体になってきてしまい、ますます運動をしなくなる悪循環に陥ってきます。

そこでお勧めなのは筋トレです。

もちろん、スポーツジムに行って本格的に始めるのもいいですが、筋トレは、なにもお金をかけなくても自宅でも気軽にできます。

テレビで筋トレ番組が話題となりましたがそういったメディアを参考にしてもいいですし、腕立て、腹筋、背筋、スクワットを一定数こなすだけでも、長い目で見れば成果がでてきます。

筋トレにより運動習慣をつければ、ほかの運動をするきっかけにもなりますので、まず、体を動かす取っ掛かりとして筋トレをお勧めします。

私が筋トレをおすすめする理由は4つあります。

1つ目は、お金をかけなくてもできることです。

腕立て伏せや腹筋、自重スクワットなどであれば、特別な道具は必要なく、体一つでできます。

2つ目は、雨の日でもできることです。

外でもできますが、基本屋内で行うので、やりたいときに雨が降ってていても問題ありません。

3つ目は、一人でもできることです。友達がいない、家族がいない、そんな孤独な生活を送っている方にもできます。

最後は、自信がつくことです。

続けていけば、連続してできる腕立て伏せや腹筋の回数が増えていきます。

数日前よりも成長したことを実感でき、自信がついていきます。

自信がつけば私生活や仕事にも良い影響が出てくるはずです。

タダで、いつでも、一人でもでき、メリットもある。

ものすごくおすすめです。

男の趣味12.DIY

DIYを趣味にするのは本当におすすめです。

男性自身もDIYが趣味だと自分自身も楽しいだけでなく、これは恋人や奥さんなんかも一緒に楽しめる趣味となります。

例えば家の中で「ココにちょっとした棚が欲しい!」となった時に趣味がDIYだったら、いとも簡単に棚をつくってあげることができるわけです。

恋人や奥さんもとても喜ぶだけでなく、趣味を生かした物となるので男性にも満足感があるでしょう。

またそこに加えて、いとも簡単に棚をつくってしまった男性に対して恋人や奥さんから尊敬もされるわけで一石二鳥な趣味となります。

女性はあまり普段からトンカチや釘などを扱いません。

ですが、「ここに棚があったらいいな」とか「飾り棚を付けたいな」とか「ガーデニングで少し手作り要素が欲しい」など、手作り感があるものには憧れがあります。

お店で購入すると高くつきますし、自分で作るとなっても重たい材料を準備したり、工具の取り扱いも慣れていないため時間がかかります。

そんな時、DIYが趣味な方だととても頼もしく感じます。

「力持ちだなぁ」と実感できて魅力を感じ惚れ直すでしょう。

最後に、出来上がった家具と、優しい笑顔を差し出されたらイチコロですよ。

男の趣味13.美術鑑賞

テレビ、動画、音楽、ネットなど現代社会はとにかく受け取る情報量が多く落ち着く暇がありません。

その点、美術館を訪れると静寂に包まれる中で目の前の作品と落ち着いて向き合うことができます。

男性にとって『落ち着き』というものは非常に重要で、美術品を前に落ち着いて物思いに耽っている男性の姿というのは魅了的ではないでしょうか。

また、美術鑑賞初心者だと、何を言わんとしているのかまったく理解できない作品に出会うこともしばしばあると思います。

しかし、多くの作品を見ていくことで徐々に理解できることも増えますし、理解できなくてもわからないものをわからないまま受け入れるという能力も身につくと思います。

それは、男性の包容力という面に繋がり、更に魅力が増すのではないでしょうか。

男の趣味14.釣り

渓流でも海釣りでも釣り堀でもなんでもいいので、釣りをおすすめします。

釣りは道具さえそろえれば、あとは現地に行くための交通費とエサ代と針と糸代くらいしかかからない経済的負担の少ない趣味です。

おすすめする最大の理由は、ぼーっとできる時間を体験出来る。

これにつきます。

魚がかかるまでの時間、最初のうちは、良いポイントはどこだろう、エサはなにがいいんだろう、こうしたらもっと釣れやすくなるのかななんて試行錯誤していますが。

しばらくすると、何も考えずにぼーっとできます。

しかも自然の中でぼーっとできるのです。

この時間は会社や自宅、ジムなどでは決して体験できない時間です。

瞑想をしてストレス発散する人もいますが、自然の中でただただボーっとすることのほうが、啓発本に書いてあるような瞑想をするより、比較にならないほど、リフレッシュできますよ。

釣りをしていない人は、大変な損をしています。

釣れない時が長いため我慢強く、釣った魚を食べられるので、経済的です。

妻や彼女は、釣りをしている自分のパートナーの姿を見ると、びっくりしてしまうでしょう。

「自分の彼氏はなんて我慢強く、忍耐力のある人なのでしょう」と。

釣った魚を食べる内に、捌き方も自然と覚え、料理ができる男へと生まれ変わります。

また、アウトドアができる男性は、どこかワイルドで、頼りがいがあると女性に大人気になるでしょう。

釣りには各種の高度なスキルが必要です。

釣り具の準備、釣果を見込めそうな釣りポイントの選択、現地までの運転、仕掛けづくり、もちろん釣りそのもの、そして釣った魚の下処理・料理まで。

以上のプロセスをスムーズにこなし(かなりハードル高いですが)、しかも女性に「釣りって楽しい」と思わせることができれば(これまたハードル高い)、必ずや「アウトドアに強い頼りになる男性」と思ってもらえるはずです。

釣りは気の長い人がやる趣味のように勘違いされますが、実は気の短い人こそが釣果を上げます。

なぜなら気の短い人の方が餌や釣る場所、仕掛けなど次々に工夫をして、良く釣れるようになるまで実験を繰り返すからです。

最近はストレスがたまり、自分の沸点が下がってきたと感じている男性は少なくないと思います。

釣りで良い景色を感じればストレス解消にはもってこいですし、釣果を上げればセルフイメージも高まります。

とても健康的で、おすすめです!

POINT

  • 海を眺めながら自然と戯れることができる。→釣り仲間や家族などときれいな海や西日を眺めながら釣りを楽しめます。
  • 釣った魚を持ち帰って食べられる。(魚を捌く練習もできますよ。)→自分で釣った魚は特に美味しいです。
  • 一人でも楽しめる。→男の方は一人になることが好きな方が多いと思います。そんな方には特におすすめです。
  • 青物との駆け引きが楽しい。→堤防からルアーを投げると青物(サワラ、カツオ、ブリなど)が釣れることがあります。そんな夢のような話、信じられますか?

実際に私もたくさん釣りあげています。

あなたも魚釣り始めてみてはいかがでしょうか!

釣りにも種類がたくさんありますので、以下、釣り系の趣味を紹介していきます。

男の趣味15.海のショアからのルアーフィッシング

海釣りの中でもショア(岸)からのルアーフィッシングがいい!

海のショア(岸)からのルアーフィッシングは遠投しなければならず、体を目いっぱい使って遠投しなければなりません。

しかもルアーフィッシングはルアーを投げては引いて、投げては引いてを延々と繰り返すのでカロリーをかなり消費します。

ルアーフィッシングをしながら体を鍛えることができるし、海で日にも当たるため日サロに行かずとも真っ黒に日焼けすることになるでしょう。

遊びながら体を鍛え、お金をかけずに自然の日焼けで見た目にも男らしく見えて一石二鳥です。

男の趣味16.鮎の友釣り

鮎の友釣りはどんな遊びかと言いますと、真夏のうだるような暑さの中、冷たい川の中に入って、鮎に引きずり回されます。

もちろん鮎の生息する川はとても綺麗です。

山の景色も最高!

お勧めする理由ですが、1番がまず食べて美味しいところ。

はじめて自分で釣りたての鮎を塩焼きで食べた時の感動は一生忘れられません。

2番目に釣って楽しい。

小さな身体の、鮎ですが、引きは強烈で糸が切れないよう大の大人が川の中を走り回ります。

この引きがたまらなく気持ち良いです。

最後は夏しか出来ない夏限定というところ。

地域にもよりますが、基本友釣りは一年のうち7月~9月の間しか出来ません。

限定というところが一層盛り上がります!

釣りは一生続けることが出来る最高の遊びです。

男の趣味17.タコ釣り

タコ釣りにもいろいろな方法があるようなのですが、私がやっているのは釣り糸に疑似餌をつけて、竿も使わず磯からポーンと投げ入れるだけです。

必要なものは軍手と釣り糸と針、疑似餌(ちくわなんかでも可)だけ。

潮が引く時間を見計らって海に投げ入れる。

なんともお金のかからぬ趣味です。

しかも釣ったタコは食べられる。

どこが楽しいのかと思われるかもしれませんが、満潮・干潮を調べたり、地形を調べたりするのが好きな方は、自分なりの釣りポイントを見つけるのが楽しいです。

また、車で海までドライブも楽しめる。

もちろん釣りですから、ひとりで黙々とできる。

タコとの攻防も楽しいです。

お金がなくても楽しめるところがポイントですね。

男の趣味18.映画鑑賞

男性にオススメしたい最適な趣味は映画鑑賞です。

邦画も洋画も種類が豊富なので、飽きない趣味だと思います。

今では3D映画や4Dなど、映画館の映像などのクオリティーも高いですし、映像に出ている登場人物が目の前にいて、その臨場感を味わえているので凄く楽しめます。

とても迫力があって楽しいです。

それにカップルでよくデートにくる客も多いので、好きな女の子とデートに行く口実にもなりますね。

ひとりでも複数でも楽しめる趣味は、「映画鑑賞」で決まりでしょう。

男性で趣味が映画鑑賞だと、映画に詳しく一緒に家で映画を楽しんだり、映画館に行けます。

女性は休日に家でまったりと映画を観る人も多いです。

しかも、男性が映画に詳しくジャンルに合わせて「この映画がおすすめ!」と教えてくれたら、とてもうれしいと思います。

映画も好きな分野がそれぞれあると思いますが、好きな俳優さんや年代が似ていれば、余計に話が弾んだり、もっと映画鑑賞を一緒に楽しむことができるでしょう。

ただ、趣味を映画鑑賞といってウンチクを語りすぎるのは女性の様子を見てからの方がいいと思いますね。

男の趣味19.ゴルフ

ゴルフは一度はやってほしい男の趣味です。

男性にとってゴルフと言うスポーツは避けて通れない部分もあります。

職場でも上司とコミュニケーションをとる手段にもなったり、お客さんなどの営業の方であれば付き合いを広める方法としてもかなりおすすめの方法になるからです。

ゴルフは社会人になると男性は接待などでよく行くことになると思いますが、ゴルフがうまいほど次回の商談や今後の関係につながっていきます。

最初は仕事でも、その後のプライベートまでも関係が繋がり、友達の輪も増え、どんどんとプラスなことに繋がると思います。

また、運動という意味でも、ゴルフはいいですし、コミュニケーション能力も高まりますよ。

お金がかかるという意味では、少しマイナスになるかもしれませんが、それが投資となります。

ゴルフに急に誘われても、さらっとできる人は好かれること間違いないので、趣味としてゴルフをすることは男性に特におすすめです。

ゴルフは止まっているボールを打つだけで簡単そうに見えますが、案外奥が深くはまり込んでいく人はハマるスポーツでしょう。

上達すると何より楽しさが増していく事となります。

ゴルフをした事が無い男性であれば、一度はやってみて欲しいと思います。

男の趣味20.競馬

競馬はギャンブルで、はまりすぎて失敗してしまうと人生にまで影響してしまう可能性はあります。

この点だけ注意すれば競馬はとても楽しいものです。

まず100円から賭けることができ、すごく荒れた配当だと100円が100万円を超えることも、ざらにあります。

そういう意味で、とても夢があります。

また、競馬新聞を見ながら、色々な要素を考え、馬券を検討するということで、とても頭を使い、ボケ防止にもつながります。

予想通りにピタッときたときは、それは気持ちいいものです。

最後に、なにより言いたいのは、馬はかわいい、かっこいい、すごいということです。

馬が走る姿を見て人は感動し、拍手を送るのです…ということで、競馬をお勧めします。

男の趣味21.旅行

ぜひ男性の方は旅行を趣味にしてみましょう。

海外でも国内でもどこもおすすめです。

旅行はなんといっても楽しめるだけではなく、ストレスの発散、新しい発見ができるためとても楽しい趣味だと思います。

国内でも自分の知らない場所や食べ物、伝統などいろんなことも学べて、海外では日本にない景色、文化の違いも楽しめるのがとても良いところでしょう。

旅行で行った先々でたくさんの人との出会いがあります。

そこでもしかしたら、生涯を共にする女性なんかとの出会いもあるかもしれません。

とにかく、たくさん色々な場所へ行き、たくさんの人達とおしゃべりすることが大事です。

最初はもしかしたらなかなかコミュニケーションが取れなくて苦労するかもしれませんが、その経験がだんだんと生かされていき、友達が1人、また1人と増えていきます。

さらに、旅行が趣味という男性は女性からもとても良い印象を与えることができます。

また、旅行好きな人はアウトドアで外交的な感じがするので、女性からも印象が良いです。

特に海外旅行なんかに一人で旅してる方だと、色んな経験をしてたくましさを感じます。

同じ旅行好き女性とだったら絶対会話も弾むし、今まで行った国をお互い語り合ったり、旅した土地での出来事など、旅話を聞いてるだけでも興味津々ですね。

国内旅行でも、どこのグルメが美味しいとか、どこの温泉地が良かったとか、あそこは期待外れだったとか、そんな他愛もない会話で楽しめます。

旅行を趣味にしていれば、旅行先の検討時に選択肢を与えてもらうなどして、非常に心強いです。

また、語学も堪能であればなお、惹かれるでしょう。

旅行先の情報を知識としてもっていれば、旅先での遊びや美味しい料理屋やアクティビティを紹介してもらえたら、旅行がとても楽しくなると思います。

例え、恋人としてではなくても、友達として一緒に旅行に行くことが楽しみになると思うので、男性が趣味として旅行があれば、とてもポイントが高いでしょう。

男の趣味22.ランニング

ランニングを趣味にするのは大変おすすめですね。

体幹を使ってトレーニング、走り込みをすると身体の無駄な脂肪も燃焼でき、スマートな体型と健康を維持できるからです。

また、年齢を問わずに継続出来るランニングは、コスパも高い。ジムなどの月会費を払うことなく、自分の足に合ったシューズとランニングする際のTシャツ、トレパンで手軽に始められます。

男性も、20歳を超えると油断していると贅肉が色々な箇所についてきます。

継続して鍛えて走り込みをしている人は、熟年層になっても、カッコ良い体型を維持できますよ。

自分のペースで進めることができ、体力作りにもなります。

速さや距離などを自分で決めることができるところも良いです。

コースによっては景色を見る楽しみもあり、四季折々の風景を感じることができます。

またランニングに慣れてくると、様々なマラソン大会に出場することも可能です。

決められたコースを走り切ることができると達成感もあり、仕事のストレスも吹き飛ぶはずです。

ランニングだけならお金がかかることもなく、家族がいてもできる趣味だと思います。

男の趣味23.読書

知性と教養が磨けるから読書を趣味にすると、人間としてのレベルが上がり磨かれると思います。

若いときは見た目もそれなりにいいかもしれませんが、歳をとるにつれてメッキが剥がれるかのごとく内面が表に出やすくなるものです。

若いときに内面を磨かずにいた人は、晩年になったときは魅力がなくなってきます。

あまりお金をかけずに知性と教養、読解力や文章力を磨ける読書を趣味にすると、人間的にも深くなり、男性としても魅力が出てくるでしょう。

自分自身の考え方を改めるきっかけになったりすることもあります。

読書で学んだことをビジネスで活かしたり、女性からも博学で魅力的な男性として見られたりすることも多いです。

ぜひ読書を趣味にしてみてください。

男の趣味24.ソフトダーツ

酒を飲みながら気楽に楽しめるソフトダーツ。

意外に、男性のダーツ人口は多いです。

一応、ダーツはスポーツにカウントされるので、若い人から高齢者まで手軽に始められ、好感度も高い趣味と言えます。

昔はバーでしが出来る場所はありませんでしたが、今やネットカフェやゲームセンターなどでもできる趣味です。

しかもダーツメイカー主催の大会などもあり、本格的にダーツをやりたい方にもおすすめです。

ソフトダーツは、今やインターネットに繋がっていて、全世界の人と対戦ができるため、一人でも十分楽しめます。

私も、始めて3年ですが、ダーツを通していろいろと社交的になれたかと思います。

ダーツ仲間もできて、日々ダーツライフを楽しんでいます。

男の趣味25.音楽フェス参戦

まず音楽フェスを趣味にオススメする理由は、少しでも音楽や食べ物、自然に興味がある人は必ず楽しめるポイントがあるからです。

まず、フェスに来るアーティストは大勢います。

一緒に行く人と好きなアーティストが違っても楽しめます。

私は毎年ロックインジャパンに行っていますが、友達の影響で、新しいアーティストを好きになることも良くありますね。

次におすすめの理由は、食べ物がおいしいからです。

全国から選りすぐりのお店が出店しています。

そして最後に大自然を満喫しながら音楽や食事を楽しむことができます。

フェス会場にはテントエリアやキャンプエリアがあり、会場が用意してくれたきれいなシャワー、トイレ設備を利用しながらアウトドアを楽しめます。

音楽フェスは通常夏に開催されますので、音楽、食事、キャンプなどを楽しみたい男性にオススメです。

男の趣味26.ヨガ

男性だと外でするのが恥ずかしいという人も、ヨガなら家の中で畳1畳分あればできるので、手軽に始められます。

頭痛がある人も多いと思いますが、ヨガをすると身体に溜まった毒素が抜けて、頭痛がおさまるのでぜひやってほしいです。

普段運動する暇がない人に、日頃の運動不足解消としてオススメです。

まず柔軟性が増します。

男性は筋肉が発達しているので、身体が硬い人が多いのですが、ヨガで身体が柔らかくなれば、血行もよくなり、怪我もしにくくなります。

また、ヨガには瞑想効果もあり、自分の心と向き合うことができるので、男性が仕事で必要な集中力をつけるのにうってつけです。

物事に集中するとリラクゼーション効果も期待され、日々ストレスにさらされている男性がリフレッシュできる趣味ではないでしょうか。

そして、ヨガという趣味はまだ女性の方が多く取り組んでいます。

恋活や婚活に悩む男性にとっては、趣味を通して女性と仲良くなれる機会です。

同じ趣味を持った女性なら、男性のヨガに対するこだわりも理解してくれます。

ヨガは健康にも深く関わっているので、高いパフォーマンスを発揮したい男性にオススメです。

男の趣味27.ハンモックヨガ

女性の趣味のイメージが強いヨガですが、ハンモックヨガ(エアリアルヨガ)は男性にもおススメです!

ハンモックヨガは一般的なヨガよりも筋肉を使う場面が多く「ハンモックを使った筋トレ」とも呼ばれる程です。

ハンモックで支えながら腹筋をしたり、片足立ちをしたり「筋トレしたいけどキツいからやりたくない」という方に特におすすめできます。

ハンモックの支えがあるので比較的楽に筋トレができますし、もちろんヨガとして気持ちよく身体をほぐすことができます。

ハンモックヨガ教室は近年増えています。

男性、それも60代の方も普通に教室に通われていますので「男性がヨガをするのは恥ずかしい」なんて雰囲気はありません。

年齢、性別を問わずに気軽に挑戦できるので、運動不足を気にしている方は是非試してみてはいかがでしょうか?

男の趣味28.ビデオ撮影

私がカメラではなく、ビデオカメラをお勧めするのは、撮った後の編集そしてYouTubeへのアップロードも含めてです。

普段の何気ない日常から、冠婚葬祭等幅広く活用でき、またそれを自分の好みに編集する面白さがあります。

ただ撮っただけなら見返す機会も少ないけれども、編集した物をYouTubeにアップロードする事で、いつでも手軽に見返す事が出来る点にあります。

私は、食べる事が好きで、特に辛い物や時には大食い等を食す時には、お店に断って撮影させて頂いてます。

バイクに乗っている時は、ハンドルに固定してドライブレコーダー代わりに使用し、その日に走った風景を日記代わりに残したりして居ます。

編集作業時は篭りっきりに成らず、それこそカフェ等での作業も可能ですので、色々工夫されたら面白いと思います。

男の趣味29.ダイビング

海が好きな男性なら、ダイビングは絶対やってみてほしいと思います。

まず海がきれい、水の中ってほんとうに綺麗で不思議なんです。

日常生活って窮屈なこともあるし同じ毎日を繰り返してる、そんな毎日から少し離れることができます。

一生の趣味になると思うし、写真が好きな人なら水中カメラもいっしょに。水中は自由になれます。

綺麗な水にたくさんの魚。とても癒されます。

疲れなんて吹っ飛びますよ。

ダイビングはライセンスがあればどこでも潜ることができます。

沖縄とか伊豆、海外。

だから旅行して潜って、なんて今までとは違う楽しみ方もできます。

いる魚もそれぞれの国で違うし、インストラクターの方も面白い人がたくさんいて、視野が広がる趣味でしょう。

男の趣味30.水泳

水泳は身体が引き締まるので、おすすめの趣味です。

クロールが泳げればよし、バタフライが泳げればなおよしです。

私はスポーツクラブに通っておりもっぱらプールを利用しています。

利用頻度は週に3回程度。

クロールで30分めどに1000メートル程度泳げるようになりました。

ゆっくりとしたペースですが有酸素運動の効果も現れ、腹筋も立て割れが目立ちすっきりした体形となりました。

バタフライは自己流でなかなか上達しなかったので思い切って週1のレッスンを受けることにしました。

なんとそこは女の園、受講しているほとんどが女性で10人のうち男性は1人ぐらいしかいません。

モテ期到来です。

ポイントは体でしょうか。

腹筋が立て割れしたおかげだと思います。

女性陣から「クロールを教えてください」、「体がしまっていますね」、「お名前は?」などよく声を掛けられています。

レッスン中は偶然を装ったように肌が触れ合うこともあり、なかなか泳ぎに集中できずうれしいやら困ったやら複雑な気持ちです。

男の趣味31.英会話の勉強

シャイな男性でも、英語を学ぶことでオーブンマインドになれたり、表情も豊かになれますよ。

日本では、感情を抑えることが美徳とされていますが、とくに男性は、感情表現ができない方が多くいるような気がします。

英会話を通して、他国の文化や外国人に触れる機会があります。

第二言語の習得と、人間的な感情も豊かになっていくので、自然と魅力的になっていくのではないでしょうか?

内面の自信が、外見にも現れてくるので、対人関係や女性との関係にも良い影響が出てくるはずです。

また、仕事の面でもグローバルな活躍に役立てられますし、ぜひおすすめしたい男の趣味でしょう。

現代では、気軽に英会話用のアプリもたくさんありますし、通勤時間を利用して勉強もできます。

確かに、仕事で外国語を使うことは限られているかもしれません。

しかし、オリンピックを控え、これから日本に様々な国の方々が訪日されると思います。

さらに海外の方々が人口減少に拍車のかかる日本に出向き、労働の支えになる時代もそう遠い先のことではないでしょう。

人種や文化の隔てなく何でもない会話をさりげなく出来ること、同じ人間同士、喜びや悲しみを共有できることはすばらしいことではないでしょうか。

ぜひ、英語学習を趣味にして、実益を兼ねましょう!

男の趣味32.爬虫類の飼育

爬虫類は犬や猫と違って手間も掛からず、格好良いです。

温度や湿度には気を付けないとなりませんが、爬虫類ほど沼の深い趣味も早々ないですね。

犬猫、小動物、鳥の飼育はだめでも爬虫類の飼育ならオッケーしてくれる管理会社さんも多いですのでかなり敷居は低いと思います。

初期費用はそこそこ掛かりますが月の食費や光熱費は大したことがありません。

女性受けは中々悪いかもしれませんが、爬虫類は人に慣れますのでふと一人の空間が寂しいと感じるときに愛でると最高にアドレナリンが爆発します。

蛇やレオパ(トカゲモドキ)でしたらかなり安価で売られているので、エサがコオロギや冷凍のネズミという点を省けばかなりおすすめのペットです。

男の趣味33.書道

字がきれいな人はそれだけで、「この人はきっちりした人なのかな」、と他人に良い印象を与えるでしょう。

特に、お仕事で字を書くことがある人には絶対にきれいな字を書いて欲しいと思います。

逆に、字の汚い人は生活自体も乱れているように感じます。

営業職の人が汚い字で書いているのを見ると、がっかりしますし、何か読まなければいけない書類であればなお、読む気がなくなります。

営業する上では、「字が汚い」というのは致命的なことです。

営業職でないにしても、日本では結婚式、お葬式など筆で名前を書く機会も多分にあり、字を書く機会がない人なんていないと思います。

字が汚くて恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

きれいな字を書くことは、日本にいる以上、大人としての最低限のマナーだと思います。

男の趣味34.弓道

弓道は男性におすすめの趣味です。

理由は3点あります。

1つ目はいくつになっても続けられるうえに、弓道が趣味だと品が良く見られるからです。

特に長年続けられている方は、ボディラインの衰えがなくジムなどに通わなくても筋肉もしっかりついている人が多いように見受けられます。

また2つ目は和服だと自然と背筋が伸び、凛として見られるからです。

そのため普段と雰囲気が違いぐっと良く見られる方が多いと思います。

3つ目は日本の四季に関する行事ごとや伝統的な文化に詳しくなれます。

試合なども由緒ある神社で行われるものがあり、自然と教養が身につきます。

以上により世代を問わず、男性にオススメしたい趣味になります。

男の趣味35.フラダンス(タヒチアンダンス)

フラダンスというと日本では女性だけの趣味と思われがちです。

しかし、本番ハワイではタヒチアンダンスのファイヤーダンスという男性にしか出来ない圧巻のパフォーマンスが人気で、フラダンスショーで一番盛りあがる場面でもあります。

日本のフラダンスでも男性が踊っているのを時々見かけます。

彼らは女性と同じ動きをしていて、物珍しく面白おかしいので、注目だけはされます。

ただ、カッコよさはないので、火を使ったファイヤーダンスは難しいとしても、タヒチアンダンスを趣味にしたら、女性からとても興味を持たれると思います。

また、このダンスはインナーマッスルを鍛える効果があるので、ダイエットにも最適です。

女性が好きな細マッチョになれるかもしれません。

男の趣味36.鉄道模型

鉄道模型がおすすめです。

まず男性なら、鉄道オタクでなくても電車や汽車から眺める景色が好きなはずです。

嫌いな人はいないのではないでしょうか?

そこから、「こういう景色を自分で作って鉄道を敷いて列車を走らせてみたい」という気持ちが湧いてきても不思議ではありません。

そこでNゲージ等でジオラマを作って列車を走らせるのは楽しいと思います。

またスポーツと違って、年をとっても問題なく続けられるのでいいと思いますよ。

またジオラマ作りは奥が深いので、技術を高める喜びもあるので長く探求できるでしょう。

男の趣味37.クレー射撃

クレー射撃は男性の趣味におすすめ。

散弾銃(ある程度の経験者の方はライフルも挑戦できます)で、飛んでくるクレーを撃つ競技ですが、シンプルでいて、実に奥深い競技です。

ただ、手続き(試験や審査など)も多く、免許取得までそれなりに時間もかかり、また実際に始めるまでにはそれなりのお金もかかります。

定期的に実際に銃を所持した時の喜びや、実際に手に取った時の重量感や存在感、飛んでくる的に当てた時の爽快感など、手間や時間、費用以上の感動が得られると思います。

男の趣味38.園芸(花を育てる)

おすすめの理由は、花を見ると単純に自分の心が癒やされるということ。

もう一つは、散歩してる時や花がキレイな公園に行った時に前とは違った目線で楽しめることです。

花のことが詳しいと一緒に来た友人、またはパートナーを楽しませることができます。

花を育てることは、そんなに難しいことではありません。

マンションに住んでいる方も、ベランダでこじんまりとで十分楽しめます。

季節の花を植えて、水やりを忘れなければ大丈夫です。

慣れてきたら寄せ植えという、一つの鉢に何種類かの花を混ぜて植えるものにもチャレンジしてみてください。

生け花みたいで面白いです。

「お花」というと女性っぽく感じるかもしれませんが、逆に男性が詳しいと「素敵だなぁ」と思ってもらえるでしょう。

ぜひチャレンジしてみてください!

男の趣味39.散歩

散歩は地味ですが、奥深いです。

少しずつでも毎日の散歩は、本当に健康に良く、精神的にもリフレッシュできます。

短い距離でも、スマホの歩数計アプリなどで、記録していくと続けやすいです。

消費カロリーなども算出できるアプリが多いので、日々の食事調整なども自然と考えられたりします。

また、仕事のアイデアなどもフワッと湧いてきたりしますので、メモ帳持参かメモのアプリなどで書き留めるのもオススメ。

そして、いつも気に掛けていなかった街の移り変わりを見られたり、季節の移り変わりを感じたりも楽しい点です。

雨の日の散歩も発見が多いです。

男の趣味40.スノーボード

スノーボードをおすすめする理由は、まずなんと言ってもかっこいい!

ゲレンデにいくと必ずウマくてかっこいい人がいます。

その姿を見てしまうと、自分もあんなふうになれたらと憧れます。

つまりそれはモテたいという要素も含まれます。

いろんなテクニックやトリックを勉強して覚えたり、誰も滑っていない積もりたてのフカフカの雪の上を滑ったりと楽しみ方も沢山あります。

ゲレンデでどんな滑りをしたらかっこいいかなどファッション性も高く、男同士でわいわいするもよし、がっつり滑るのもよし、かわいい女の子を見つけるもよし。

沢山の楽しみ方ができるスノーボードをオススメします。

スノーボードは数を多くやれば誰でも上手くなるスポーツだと思います。

さらに男性なら1日でターンをできるようになるのも簡単なので、かなり楽しめるスポーツです。

されに雪の降らない地に住んでる人からすると雪景色は見ないと思うので非日常感も味わえるためオススメです。

自分も毎年冬になるとスノーボードをしに山へ行きます。

毎年行っても飽きない趣味で、体を動かすのが好きな人は絶対ハマると思います。

男性にはぜひオススメしたいです。

男の趣味41.白Tシャツ集め

男性の誰もが1枚は持っている白Tシャツ。

その1枚の着心地が良く長く着れる事に越したことはありませんが、男はずぼらな人が多く、適当にユニクロ等で安く買い、使い捨てるように消費をしている人が多いです。

ここで極上の白Tシャツを知っていると自分の生活が快適になります。

例えば、登山。

たかがインナーの白Tの機能性によって、登山が快適で楽しい体験になるか、不快で苦しい体験になるか左右されてしまうのです。

極上の白Tを探すことで自分の生活が快適になることに加え、男性の友人にも紹介することで楽しみが増えます。

冒頭でも言ったように、男性は必ず白Tシャツをもっており、快適な白Tを紹介されて喜ばない人はいないでしょう。

男の趣味42.バドミントン

女性の競技人口が多いため、男女で一緒に楽しむことができる趣味です。

また、ミックスダブルスという、男女混合で行う方法もあり一緒に楽しむことができます。

最近では、男子バドミントンの桃田選手が世界ランク1位になるなど、注目度も高く、バドミントンをやっているだけで、話の話題にすることができるでしょう。

バドミントンは無駄に体が筋肉で大きくならない為、おしゃれな服を着ることができます。

男性も最近はおしゃれをしたいと思うのでモデル体型になれる点は魅力的です。

男の趣味43.キックボクシング

キックボクシングを始めれば、会社でのストレスが軽減されると同時に、腕や足の筋肉が鍛えられます。

ガタイもガッチリとしてきて、筋肉がつき、体型がかっこよくなるでしょう。

また、もしケンカに巻き込まれたり、何か危ないことがあった際に、キックボクシングをやったことがあるか、ないかでも全然頼れる度合いが変わってくると思います。

強くてたくましい男性はとてもモテるので、キックボクシングはおすすめの趣味です。

男の趣味44.ITリテラシーを磨くこと

Google検索を使いこなすことで、デートの予定、家族とのプライベートの予定をすぐに決めることはもちろん、商品を安く買えるし、ビジネス的にも有益な情報もそこら中に転がっています。

またネット上にあるサービスを使いこなすだけで、会社ではパソコンができる人に見られるでしょう。

その他にもスタートアップしたばかりの企業は、低価格で高品質なサービスを提供しているので、勉強にもなるしお得感がすごいです。

パソコン=オタクという時代もありましたが、今後はそんな常識はなくなると思うので、ITリテラシーを磨くことこそ最高の趣味。

男の趣味45.車を使って一人旅

ひとりの世界に浸って旅を続けることで、自分を見つめ直すことが出来ます。

対人的には少し内向的だけど、行動はアクティブな男性にオススメです。

車があれば車中泊で安く旅行できますし、体力の続く限り遠くまで行くことが出来ます。

まだ行ったことのない場所に行くことの達成感は大きいです。

行ったことが無い場所に行くこと自体を目的にしても良いですし、写真が趣味の人は色んな写真スポットを巡るのも良いですね。

1人で行動することで、誰にも左右されることなく、自分が自分の思い通りに楽しむことが出来ます。

男の趣味46.ポタリング(自転車散歩)

自転車でのんびり走るだけでも楽しいですが、ポタリングの場合はいろいろと寄り道をしていくのも魅力の一つです。

雰囲気のいいカフェを見つけてちょっと立ち寄ってみたり、美味しそうなラーメン屋で小腹を満たしてみたり。

ただ自転車に乗るだけでなく、色々な楽しみを同時に得ることが出来るのが本当に楽しい部分でしょう。

また自転車に乗るのだから、当然のことながら健康にいいというのもおすすめできます。

健康診断でメタボ気味と言われた人にはその対策としてもオススメの趣味です。

男の趣味47.座禅

ぜひ座禅をしてみましょう。

人とは変わっていますが、これから先に生き抜く男ならやってみて、損はない趣味だと思います。

もしくは、趣味というより、ライフサイクルの一貫に取り入れてもいいと断言できます。

そんなに、手間や時間は取られませんし、わざわざお寺にいかなくても大丈夫です。

座禅は、心を無にして座り、意識を集中させます。

これをやることで、普段、仕事や家族やプライベートで悩まされていても、一旦心がリセットできるでしょう。

堂々巡りしていた考えがクリエイティブになったり、ストレスもリセットされ心が爽やかになり、日々の生活仕事に活力と充実が生まれます。

男の趣味48.ゲーム

ゲームを趣味にする事の1番のメリットはコスパの良さです。

ゲーム機本体を買うのは数万円かかりますが、ゲームソフトはたいてい7千円ほど。

ダウンロード専用のものなど安いものなら千円以下で買うことができます。

ほとんどのゲームはクリアするだけでも20時間以上かかりますし、やり込んでいけば100時間を超えることさえあります。

オンライン対戦ができるゲームなら相手がいて自分が飽きない限り永遠に遊んでいられます。

パーティゲームを買えば友人を自宅に招いた時に大活躍です。

男の趣味49.ボウリング

ボウリングは男女関係なく楽しめるスポーツです。

私がボウリングを始めたきっかけは友人の紹介で始めました。

楽しめながら有酸素運動ができると聞いて始めたのですが、初めの頃はアベレージが上がらなくてとても難しく感じましたね。

続けていくうちに上達してきて2か月後にはアベレージが180になっていました。

ボウリングをしていると仲間も増えてきて、一緒にチームを組んで投げる事もあります。

年齢も20代の女性から70代の男性まで幅広くみんな楽しく得点を競いながら投げています。

楽しみながら有酸素運動をしたい方にはお勧めのスポーツだと思います。

男の趣味50.パソコンの自作

自作PCがおすすめな理由は、自分だけのパソコンを作ることができること。

最新のものすごく処理速が速いものから、小さいサイズにこだわったもの。

お金がないなら中古パーツ、はてはジャンクパーツを使ったものに至るまで、好きなタイプのパソコンが作れます。

パソコンの自作はとても簡単です。

大半のプラモデルよりも簡単だと言えると思います。

この趣味で一番重要なことは、「パソコンの基礎知識が身に付く」ということです。

そういった知識は自分のために使えるだけではありません。

他人がパソコンを買うときに助言できたりして意外に役に立ちます。

男の趣味51.編み物

編み物は男性にもおすすめの趣味です。

「編み物って女性向けの趣味なのでは?」と思う男性が多いのですが、この楽しさは男性にも味わってもらいたいくらい夢中になり楽しいですよ。

女性に比べたら少数ですが、男性の編み物作家さんもいらっしゃいます。

ストレス社会で生きている男性には毛糸のほっこりとした暖かみがたまらなく癒されると思います。

ただひたすら編んでいて気がついたら食事をするのを忘れてた、なんてこともあるくらい没頭出来て自分の世界に入れる趣味です。

ちゃんと集中して編まないと思い通りの形にならないのでやり甲斐がありますし、作品が出来上がると達成感に満たされますので編み物は男性にもオススメの趣味といえるでしょう。

男の趣味52.GoPro

GoProで撮れる写真はiPhoneと同じタイミング・場所で撮ったとしてもどこか男心をくすぐるロマンのある写真が撮れるのでとても楽しいです!

また、大人数でもGoPro特有の画角によって全体を納めることが出来るため、どこか出かける度に思い出の1枚を撮ることが出来ます。

この写真を流行りのInstagramに上げたり、オリジナルのムービーを作成することでまた新たな趣味や人間関係築くことが出来るのもGoProを新たな趣味としてオススメする要因です!

男の趣味53.日本語ラップ(フリースタイルラップ)

日本語ラップは、最もお金のかからない趣味だと思います。

駅前で、若い男の人達が輪を作り、ラップバトルをしているのを見たことがあるかもしれません。

あれはサイファーと呼ばれ、日本語ラップが好きな人たちが集まり、自分の価値観をラップで伝えているのです。

日本語ラップには、ライム(韻)やフロウ(歌いまわし)など様々なスキルが必要で、奥が深いです。

不良や悪い人たちの趣味と思われるかもしれませんが、最近では、若者だけでなく、サラリーマンなども自分の意見をラップにしています。

テレビでも、「フリースタイルダンジョン」として放送されているので、かなり人気もあるおすすめの趣味です。

男の趣味54.レザークラフト

レザークラフトはおすすめの男の趣味です。

これが出来たらモテますね。

また、女性との会話のきっかけにもなります。

簡単なものでコースターやキーケース、小物がおススメです。

身につけれるものでもキーチェーンの皮を紐で編んだ物も持っているだけでおしゃれに見えます。

そして、物を大切にする人なんだと言うイメージアップにもなります。

普通に作ることに関しても、皮を切って、カナヅチなどで叩いたり、穴をあけたり、ツヤ出しを塗ったり、小物に関しては難しい作業はほとんど無いものが多いので簡単に始められます。

手作りのプレゼントとしてもレザーは、女の子も嬉しいと思いますよ。

男の趣味55.イタリアン料理づくり

イタリアン料理づくりは料理初心者の男性にもおすすめの趣味です。

ピザ生地などの凝ったもの以外にも、炒めたり和えるだけで出来るレシピがたくさんあるため、面倒くさがりな人でも続けられる趣味だと思うからです。

また、1人暮らしや仕事している方はコンビニやインスタントでご飯を済ませる割合が多いかと思いますが、料理の趣味をもつことで節約にも繋がります。

敢えてイタリアン料理にしたのは、和食に比べ下処理する工程が少なく、中華やエスニックに比べても珍しい材料を手に入れる必要がありません。

最近はハーブもスーパーですぐ手に入るため、気軽で家計も潤うおすすめの趣味です。

料理男子が流行っている今、ひとり住まいの方に限らず、彼氏や旦那さんもパートナーからの株をあげちゃいましょう。

男の趣味56.切り絵

切り絵は、画用紙の上に図案を置き、図案の線をカッターなどで切る作業がメインです。

最近では、図案のデザイン集や必要な用具がホームセンターなどで気軽に手に入れることができます。

デザインは、簡単なものから何日もかけて作り上げる複雑なものまで多種多様です。

細かい作業なので、集中力や根気のいる作業でもあります。

そういった点で男性にも向いている趣味だと思います。

同じ作業をひたすら繰り返すことで日々の不安や煩わしさを忘れ、頭を軽くすることができるでしょう。

男の趣味57.多肉植物を育てる

比較的花や植物に興味がない男性でも、多肉植物の栽培は趣味に出来ると思います。

多肉植物はさほど手入れする必要がなく、水やりの心配もありません。

それでいながら小さな花を咲かせます。

花は女性の趣味と言うイメージは確かにありますが、多肉植物には必ずしも該当しないと思います。

インテリの本などで男性の部屋を見てみると多肉植物がさりげなく置かれていてオシャレですし、インテリアが好きな方にも好まれると感じます。

小さな多肉植物に癒される男性は、女性から見ても素敵です。

男の趣味58.マラソン

気軽に始めるなら、マラソンがおすすめです。

仕事が忙しくても一人ではじめられて、一人で楽しむことができる。

走っている間は、いろいろな事をじっくり考える時間。

走って汗を流したら、頭の中が整理されて、すっきりしている。

身体を動かすのに慣れてきたら、レースにエントリーすればいい。

最初は短い距離で大丈夫。

最初はタイムじゃなくて完走が目標で大丈夫。

完走できたら自分に自信がつくし、どんどん走ることが楽しくなってきます。

楽しくなったら、距離を伸ばし、タイムを気にして走っていきましょう。

男の趣味59.将棋

藤井聡太氏の活躍でここ数年将棋ブームが起きています。

ブームとは関係なしに、将棋を男性にぜひすすめる理由は、論理的思考が身につくからです。

将棋は運の要素が無いため、完全情報ゲームと呼ばれています。

完全に相手と自分の能力の勝負ができる対戦ゲームですが、将棋は論理的思考が出来ない人は絶対に勝つことができません。

論理的思考は本来女性よりも男性が得意とするものですが、男性の中にも論理的思考が苦手な人は大勢います。

論理的思考が身につけば、仕事に、家庭に、日常会話にすべてにおいて論理的な考えで生きていくことができるようになります。

論理的思考は冷たい印象を持っている人がいるかもしれませんが、論理的思考が出来ない人のほうが非人道的で冷たいです。

ぜひ男性には論理的思考が身につく将棋をおすすめしたいです。

男の趣味60.和太鼓

和太鼓は男性におすすめの趣味ですね。

運動量も適度で、日頃のストレス発散にはもってこいです。

楽器が出来ると格好いいですが、大抵の楽器は様になるまで時間と努力が必要になります。

和太鼓は叩くだけで音が出るので、高度な技術が必要ないところも始めやすいと思います。

自分の持てる力で思い切り叩くだけです。

太鼓の面に嫌いな人を思い浮かべて、ぶつけるなんてことも出来てしまいます。

それだけで、気持ちがスッキリします。

最初は高度な技術は必要ないですが、見た目とは裏腹に細かな技術もあります。

やればやるほど面白いことが発見できるので、物事を突き詰めたい男性はのめり込むこと間違いなしです。

男の趣味61.サーフィン

男性にオススメする趣味は、なんと言ってもサーフィンです。

その理由はお金を掛けずに自然と触れ合えて、ドライブを兼ねて色んなところへ女性を連れて行ってあげられる、そして普段とは違う姿を女性に見せられるところです。

サーフィンはボードとウエットスーツさえあれば、あとは車とガソリン代、そして駐車場代ぐらいしかお金が掛かりません。

ゴルフの場合は、プレー費が最低でも1~2万円ほど掛かりますが、サーフィンの場合はプレー費なんて不要です。

しかもサーフスポットは、全国あちこちにあるので、少し遠出のドライブを兼ねて、各地のグルメや温泉なども楽しめます。

ある程度の腕前があれば、波を滑り降りる姿だけみても、女性はすごいと思うことは間違いありません。

また、全身を使うスポーツなので、体力維持にもつながります。

最近では中高年の愛好者も増加傾向。

2020年の東京オリンピックの正式種目にも採用されたことで、これから注目度アップのスポーツだと思います。

男の趣味62.一人カラオケ

大きな声を出すことで、ストレスが発散できます。

日常生活でなかなか大きな声を出すことはありませんし、ましてや男性なら大きな声を出すと恐怖心を与えてしまうかと思います。

カラオケなら大きな声を出しても誰にも何も言われません。

しかも一人カラオケとなると人に気を使うことなく選曲できるので、自分の好きな歌、歌いたい歌を遠慮なく歌う事ができます。

これは非常にストレス発散になると思っています。

自由に曲を選ぶストレスフリーな状況で、大きな声を出せる一人カラオケはとてもオススメです。

男の趣味63.ブレイクダンス

ブレイクダンスをお勧めする理由は、ダンスという幅広いジャンルの中でも最もアクロバティックでカッコいいものだからです。

ヘッドスピンやウィンドミルなど体を回す技がたくさんあるため、友達の前で披露すると必ず盛り上がります。

合コンなどでも趣味がブレイクダンスといえば、女の子受けも結構いいです。

何よりブレイクダンスを練習しているだけで勝手に筋肉がつくため、筋トレをわざわざしなくても腹筋を割ることが出来ますからブレイクダンスをお勧めします。

ダンスを踊る男性は魅力的だと思います。

特に、アクロバットやブレイクダンスを格好良く踊れる男性には男らしさを感じて、女性はときめいてしまうのではないでしょうか。

例えば、いつもはデスクワークで大人しめの男性がプライベートでは男らしく野性的にブレイクダンスを踊れるとなると、とてもギャップがあっていいと思います。

スタイルも良くなりますし、一芸に秀でた男性というのは女性から魅力的に映るでしょう。

男の趣味64.キャンプ(アウトドア)

キャンプなどのアウトドアの趣味がおすすめです。

アウトドアでの、テント設置から火起こしなどを説明書を片手に行うのではなく、手際よくこなす姿は男らしさにあふれています。

女性はいざというときに、頼りになると感心するはずです。

さらに言うと、家庭料理ではなく、アウトドア料理をテキパキこなすと良いですね。

アウトドアの趣味は、単にその人自身が自分の生活を満喫していることをあらわしているようで、魅力的に見えます。

この人に付いていったら知らない世界を体験させてくれそうで、わくわくするような雰囲気が良いですね。

何か災害時でも生きていけそうな力を身につけていそうに思えるからです。

最近は料理男子がモテるので、キャンプ料理を極めれば、時短料理などの自炊も楽しんで出来ます。

メスティン料理も流行っていますし、さらっとできれば、カッコいいし、スマートに見えるでしょう。

何より最近はお洒落キャンパーが多いので、必然と持ち物や服装にもお洒落感が出てきそうな気がします。

派生して、キャンプから、山でファットバイクが趣味なんていいかも、と個人的に思います。

各地域にグランピング施設が充実しています。

ぜひアウトドアの趣味を持ちましょう!

男の趣味65.ピアノ

ピアノを弾くことで、教養も身につきますし、何よりも女性にモテるようになることがオススメの理由です。

ピアノには様々な歴史があり、特にヨーロッパの歴史とは繋がりがあります。

そのため、ピアノを弾くときに、作曲家の意図を考えることで歴史にも詳しく慣れます。

また、女性はピアノを弾くことのできる男性は格好いいと思っています。

そのような知性ある女性にモテるためには、ピアノという手段は一つであると考えて良いと思います。

高校、大学と音楽を専門に学んできたのですが、ピアノが上手い男性はとにかくモテモテでした。

世の中のイメージ的に女性がピアノを弾くことが多いと思われている中で、男性が弾けると「おっ」と一気に注目が集まります。

たとえば、中学校の合唱コンクールでは、女性が伴奏者になることが多いのですが、そんな中、男性がピアノを弾くと「すごい」となるわけです。

高確率で女性から注目されるという点で、ピアノを弾く趣味はオススメだと考えます。

ピアニストやバンドマンでピアノ担当など、職業にしている人であってもモテますし、全く関係のない仕事をしている人なら、なお一層持てると思います。

以前、ガソリンスタンドで主に整備の仕事をしている人がいました。

数人で飲みにいった時、そのお店にグランドピアノが置かれていて、その男性が、いきなり「あれ、弾いてもいいですか?」とピアノを弾き始めたのです。

それまで「ピアノを習っていたとか」「弾ける」等、一切公言した事はなく「能ある鷹は爪をかくすだね~」と、彼に好意を寄せる女子が続出。

やっぱり「ピアノ」は夢があり、品の良さがあるので、女性受けは間違いないです。

男の趣味66.サイクリング

男の趣味にはサイクリングをおすすめします。

社会人になって運動不足を感じるようになり、運動不足を解消したいと考えている方におすすめです。

サイクリングは運動だけでなくリフレッシュにも良く、そのまま買い物して来れば一石二鳥です。

さらに自転車なのでよほどの遠出でなければ、往復30分から1時間程度で済みます。

気軽に運動をしたい方、運動に時間をかけたくない方、ジムへ行くにもお金がかかると心配な方は、是非自転車でサイクリングをしてみると良いでしょう。

それに、マウンテンバイクやロードバイクを乗りこなす男性はかっこいいので、女性にも胸を張ってアピールできる趣味と言えます。

自転車を買ったり、その他装備品を揃える際はお金がかかるものの、クルマやバイクのような燃料代や高額な整備費が掛からないので、お金を気にせず手軽に楽しめます。

また、サイクリングは有酸素運動になるので運動不足解消やダイエット効果、それにストレス発散にもなるでしょう。

私もサイクリングを始めてからメタボ体型が改善され、仕事で溜まっていたストレスも発散することが出来たので、充実した日々を送れています。

男の趣味67.サッカー(フットサル)

男性におすすめしたい趣味はサッカー(フットサル)です。

サッカーは昨今マイナーなスポーツから脱却してポピュラーなスポーツになりました。

ワールドカップがテレビで放映されたり、オリンピックが近くなると出場できるかどうか話題になったりしています。

男性のスポーツだった時代は終わりサッカー女子も増えて、サッカーやフットサルは男女ともに人気のあるスポーツです。

そんなサッカーはJリーグの流行もあって女性には人気のスポーツです。

カッコいいJリーガーも増えてまるで選手はアイドル。

芸能界を見てもわかるように、女子芸能人のサッカー男子の人気もうなぎ登りです。

こんな事からも女性にモテるスポーツです。

確かに、飲み屋でサッカーをしていたとか、しているという話になると女性の食いつきが異なります。

気軽に出来るフットサル施設も増えていますので、ぜひ挑戦してほしいです。

男の趣味68.絵画

絵画だけでなく、彫刻でも版画でもいいのですが、芸術を趣味にするのがおすすめです。

そんなそぶりはちっとも見せないのに、実は絵を描くのがすごく上手だったり、素晴らしい彫刻を作れたり、版画の作品を作れたりするのは、女性は驚かされると同時に素敵だな、と惹かれます。

字が上手なだけでも、女性からその男性に対する評価って上がるものです。

ましてや素晴らしい絵が描けたら…!

実際、私の友達に見かけや行動は一見チャラいのですが、実は彫刻が趣味でプロの芸術家なみの素晴らしい作品をつくる男性がいます。

彼の場合、持っているイメージとのギャップで皆驚かされるともに、女性はそれを始めて知った時、ほとんど必ず「素敵!」と彼にお熱になります。

モテたいなら芸術関係の趣味は女性からは受けがいいと思います。

男の趣味69.動物好き・ペットと遊ぶ事

多くの女性は、可愛いもの好きであり、また寂しがり屋で癒しを求めています。

ペットを飼えない状況であったとしても、動物が好きで触れ合いたいと思っている方で溢れていると思います。

そして共有・共存・共感(通称3共?)意識がとても強く、男性がペットを飼っていたり動物好きだと、非常に嬉しく感じ、好感を抱きます。

その男性を、心優しくて素敵な人!と無意識に感じるのです。

ペットを介せば、自然に相手との距離を縮められますし、一緒に楽しんだり癒されたりもして、いいことづくしです。

いつまでも続けられる趣味でもありますし、好感度もうなぎ登りだと思います。

なるべく、犬や猫・うさぎやフェレットなど、モフモフ出来る動物である事が最大のポイントです。

モテ男になりたければ、ペットを飼いなさい!と断言出来ます。

男の趣味70.nanoblock(ナノブロック)

ナノブロックはレゴブロックを小さくしたようなものです。

色々な作品がある中で私が好きなのは世界遺産や戦艦など。

わかりやすい図面が付属で付いているので、誰でも簡単に始められるし、プラモデルの簡易版のような形で誰でも楽しめます。

細かい作業になるのでやっていくうちにどんどんのめり込んで2、3時間あっという間にすぎてしまうほどの楽しさです。

完成したものはコレクションとして飾ることが出来て、現に私の部屋も小さな世界遺産でいっぱいです。

作っている時も完成してからも楽しめるので、コレクターさんやプラモデル好きな男性にはとてもお薦めしたいです!

Pocket
LINEで送る

-男の恋愛術

© 2020 ネットのミカタ Powered by AFFINGER5