WiMAX

クレカなしでもWiMAXを口座振替で1番安く契約する方法とは?

Pocket
LINEで送る

口座振替でWiMAXを契約したいと考えていませんか?

「クレジットカード持っていないとWiMAXを契約できないの?」
「口座振替できるプロバイダで一番安いのはどこなの?」

という疑問がありますよね。

WiMAXといえばインターネットの革命児、現在の契約者数はなんと30,000,000人以上に上ります(UQ Communications参照)。

しかし、そんなWiMAXの契約をするときのネックが”支払い方法”でしょう。

さまざまな料金の支払い方法の主流はクレカです。そしてそれはWiMAXも同様。

主なプロバイダの多くが採用している支払い方法の主流もクレカといって、間違いはないでしょう。

では、WiMAXで口座振替を使用した契約は可能なのでしょうか?

結論からいってしまうと、WiMAXは支払い方法を口座振替にして、契約することは可能です。

しかし、契約することができるWiMAXのプロバイダが限られているのは事実。

その数は現在数十社に及ぶWiMAXプロバイダの中でも、わずか3社のみです。

とはいえ、そこに絶望する必要はありません。

口座振替を提供している3社は、そのサービス内容も抜群。

当記事ではWiMAXを口座振替で、最も安く契約する方法をお伝えしていきます。必見ですよ。

それではどうぞ。

WiMAXを口座振替できるプロバイダはないのか?

WiMAXで現在口座振替を使用できるプロバイダの数は3社です。

かつてはこれ以上のプロバイダが口座振替のサービスを提供していましたが、年々数が減少し、現在は3社となっています。

その内容は、日本のWiMAXサービスを提供している”UQcommunications”が運営している”UQWiMAX””BIGLOBE”、そして”BroadWiMAX”の3社になります。

口座振替でWiMAXを契約するのであれば、選択肢はこの3つのプロバイダ。その見極めが契約の上では重要です。

WiMAXを契約する際に基準とするべきは、初期費用や月額料金、そして各プロバイダが提案している個性的なキャンペーンが主体です。

よく「プロバイダによって提供している回線や通信速度が異なるのでは?」といった疑問を耳にしますが、各プロバイダが提供している回線や通信速度は同様です。

そのため、使用環境や使用範囲に違いはありません。A会社の通信速度が、B会社よりも優れているということはありませんので、ご安心ください。

WiMAXで現在使用されているのは”WiMAX2+”という通信形態です。これはスマホでいう3GやLTEのようなもの。

昔に比べて通信速度も向上し、快適に使用できるエリアも拡大、優れた使用環境が大幅に整備されてきました。

あなたがお住いの地域でも、きっと使用することができるでしょう。

WiMAXを契約する前には、あなたがお住いの地域が使用可能範囲かどうかの確認もお忘れなく。

確認が取れたら、早速次のステップへ進んでいきましょう。

POINT

現在WiMAXを口座振替できるプロバイダは、

UQWiMAX

BIGLOBE

BroadWiMAX

の3社のみ。

WiMAXを口座振替できるプロバイダで一番安いのは?

WiMAXを口座振替で使用できるプロバイダ。”UQWiMAX””BIGLOBE””BroadWiMAX”

これら3つのプロバイダのうち、最も安く契約をすることができるのは、”BIGLOBE”です。

BIGLOBEが最もおすすめ

BIGLOBE一番の強みは、頻繁に展開しているキャンペーンにあります。

WiMAXのキャンペーンには初期費用無料やキャッシュバック、月額料金の割引などがありますが、このキャンペーンに関して、最も個性があり、かつ効果が大きいプロバイダがBIGLOBEなのです。

BIGLOBEはインターネット黎明期からサービスを展開している老舗のプロバイダなので、安心して契約することができます。

BIGLOBEはサポートも充実しており、24時間365日メールで問い合わせ可能です。

電話サポートは年中無休で10時~19時までつながりますから、とても安心ですね。

また、WiMAXの契約では、キャッシュバックの方法がわかりにくいプロバイダもあります。

その点、BIGLOBEはキャッシュバックが受け取りやすいです。

キャッシュバックの受け取りは、申し込みに登録したメールアドレスにから6ヶ月後キャッシュバック受取手続きの案内メールが送られてきます。

以前は契約後にアンケートに答えると「振替払出証書」が送られてくる形ででしたが、案内メールに変わりました。

うっかり見逃さないように注意が必要ですが、しっかり手続きすれば簡単に受け取ることができます。

以上のことから、WiMAXで口座振替を契約するならBIGLOBEが最もおすすめなのです。

BroadWiMAXはおすすめできない

反対に、最もおすすめすることができないのが”BroadWiMAX”です。

BroadWiMAXは、数あるプロバイダの中でも月額料金が安いことが特徴。

それだけ聞くと非常に魅力的に思えますよね。しかし、BroadWiMAXに口座振替で契約すると、他のプロバイダでかからない初期費用がかかってしまいます。

その金額は18,857円....。これは決して安い金額ではありませんよね。

クレカ払いであれば初期費用はかからないのですが、口座振替ではネックになります。

安心感ならUQWiMAX

安心感を取るのであれば、やはりWiMAXの大元である”UQWiMAX”でしょう。

しかし、現在のキャンペーン内容を比較してみると、”BIGLOBE”のほうが優勢です。

キャンペーン内容によっては、UQWiMAXを選択肢に入れてみるのはありでしょう。

しかし、現状では総合的にBIGLOBEが上回っているといえます。

とはいえ、細かい内容を見てからでないと、納得することができない、という人もいるでしょう。

次章で詳しく解説していきます。

POINT

WiMAXを口座振替できるプロバイダで最もおすすめなのが「BIGLOBE」。

  1. 口座振替に対応しているWiMAXプロバイダで質総額が最安
  2. 歴史が長いプロバイダーでサポートが安定している
  3. キャッシュバックが受け取りやすい

BIGLOBE、Broadwimax、UQwimaxの比較

口座振替で契約できるプロバイダ3社の比較。

まずは最もオススメできる”BIGLOBE”の契約内容から確認していきましょう。

なお、この章で取り上げる金額は、WiMAX使用者の多くが選んでいる、”ギガ放題”のプランで計算しています。

契約は3年間で設定しています。

【BIGLOBEの契約内容】

・契約手数料:3,000円

・1ヶ月〜2ヶ月目:3,145円 

・3ヶ月〜24ヶ月目:3,830円 

・25ヶ月目以降:4,380円 

・キャッシュバック:15,000円

BIGLOBEで3年間WiMAXを使い続けた場合の総額は、131,110円です。

およそ13万円といってもよいでしょう。この金額はキャンペーンを活用したものです。

月額料金割引やキャッシュバックキャンペーン、そしてデータ端末代の値引きなど、大きなキャンペーンを活用すれば、かなりの節約が見込めます。

キャンペーンは期間限定ではありますが、BIGLOBEはたびたび開催していますのでどんなタイミングでも契約の狙い目はあるといえるでしょう。

では次に、”BroadWiMAX”の契約内容を紹介していきます。

【BroadWiMAXの契約内容】

・契約手数料:3,000円

・初期費用18,857円

・1ヶ月〜3ヶ月目:2,726円

・4ヶ月〜24ヶ月目:3,411円

・25ヶ月目以降:4,011円

BroadWiMAXを3年間使い続けた場合の総額は149,796円、約15万円ほど費用がかかってしまいます。

金額面を比べると圧倒的にBIGLOBEのほうが優勢でしょう。

BroadWiMAXは、やはり初期費用がかかってしまうのがネックです。

クレカ払いであれば問題ありませんが、口座振替で契約となると、そのデメリットが際立ってしまいました。

大きなキャンペーンもおこなっていないので、口座振替で契約する際は、候補から外してもよいでしょう。

では、最後に”UQWiMAX”の契約内容を、参照していきましょう。

【UQWiMAXの契約内容】

・契約手数料:3,000円

・1ヶ月目〜3ヶ月目:3,696円

・4ヶ月目以降:4,380円

・キャッシュバック:10,000円

UQWiMAXを3年間使い続けた場合の総額は148,628円、およそ15万円という結果になりました。

BroadWiMAXと結果的に大きな差はありませんね。UQWiMAXはWiMAXの大元ということで、そのサポート内容や、使用に対する安心感は抜群です。

キャンペーンも時折開催されているので、タイミングが合えば検討してみてもよいでしょう。

口座振替で契約できる3つのプロバイダ。2019年2月現在では、BIGLOBEが最もおすすめといえるところです。

上記の内容は3年契約を想定したものですが、2年契約でも同様にキャンペーンは開催されていますので、ご安心ください。

とはいえ、その内容は時期によって変化するため、グッとくるキャンペーンに巡り会えたら、その場で契約を進めてしまうのがよいでしょう。

多くのキャンペーンは期間設定されています。その期間内であれば確実ですが、忘れてしまうと後の祭り...。

出会ったときが始めどきです。チャンスを逃さないようにしてくださいね。

POINT

3社の料金比較【ギガ放題・3年契約】

BIGLOBE:131,110円

Broadwimax:149,796円

UQwimax:148,628円

WiMAXを口座振替する際の3つの注意点

WiMAXの契約はクレカ払いが主流です。

そのため、口座振替で契約をする際は、少しの手間を要することが求められます。

この事実を見過ごしてしまうと、あなたの想像している通りに契約が進まなくなってしまう可能性もあります。

実際の契約を進める前に、必ず口座振替の注意点を学んでおきましょう。

主なポイントは下記の3点。確認していきましょう。

  1. 審査
  2. 手数料
  3. 契約にかかる日数

1.口座振替にも審査ってあるの?

「WiMAXの口座振替で審査に落ちることってあるのかな?」

このように気になっていませんか?

口座振替を支払い方法に設定する時は、契約の前に審査がおこなわれます。

WiMAXの審査はそこまで厳しいものではないといわれていますが、スマホ料金の滞納などがあると、審査が通らない可能性もあります。

契約前に必ず支払いを済ませておきましょう。

また、契約の際に入力する住所や連絡先、銀行の情報や印鑑の審査などもおこなわれます。

こちらも内容に不備があると、審査に落ちてしまう可能性があります。確認は入念にしましょう。

2.手数料について

WiMAXの支払い方法を口座振替に設定すると、料金支払いの際に200円が追加で徴収されます。

唯一”UQWiMAX”のみ、無料で使用することができます。

たかが200円と考えるかもしれませんが、チリも積もればなんとやら、です。

手数料の存在を覚えておかないと、後々のトラブルにもなりかねません。

少ない金額とはいえ、必ず覚えておきましょう。

基本的には毎月の使用量に上乗せされる形で、手数料の請求が発生するようです。

3.契約にかかる日数について

WiMAXの特徴のひとつに”契約してからすぐに使用することができる”というものがあります。

しかし、その特徴が適用されるのは、基本的にはクレカ払いの場合のみです。

口座振替を支払い方法に選んだ場合は審査などに時間を要するため、時間がかかることが多いでしょう。

その期間は、およそ1週間〜4週間ほどが目安といわれています。少し長いですね。

しかし、現在ではWeb上から契約書類を提出することができるため、時期によっては数日で手元に届くこともあるそうです。

口座振替の契約で最もおすすめのBIGLOBEでは、最短2日でデータ端末が届くこともあるそうです。

配送状況や在庫状況によって配達の所要時間は異なりますが、途方に暮れるような長時間を要することはないでしょう。

サクサクと契約が進み、端末の在庫があれば、思った以上に早く使用を始めることができるはずです。

上記の3点は、口座振替でWiMAXを契約するときの主な注意点といえるでしょう。

思い違いを避けるためにも、ぜひ覚えておいてください。

中でも特段注意が必要なものが審査です。

スマホの使用料金は、うっかりでも支払い忘れをしてしまうものです。

WiMAXを契約する前には、必ず支払い状況を確認してから、進めるようにしてください。

手数料と、契約にかかる日数に関しても、頭の片隅には、忘れずに残しておくようにしてくださいね。

POINT

WiMAXを口座振替する際の3つの注意点を確認しておくこと。

・審査

・手数料

・契約にかかる日数

WiMAXを口座振替するならBIGLOBEからの申し込みが一番お得

初期費用や月額料金、そしてキャンペーンなどで契約内容がガラッと変わるWiMAXのプロバイダ。

口座振替で契約を進めるなら、そのおすすめは、やはりBIGLOBEです。

3つのプロバイダ比較の章で解説してきましたが、ほかの2社が3年間で支払い総額が約15万円になるのに対して、BIGLOBEの場合は約13万円です。

2万円もの差は、非常に大きいでしょう。

もちろんタイミングも大きく影響しますが、現状ではBIGLOBEが最高の選択肢です。

BIGLOBEでWiMAXの契約を進めていきたい、そんな気持ちが沸々と湧き上がってきたでしょうか?

ご安心ください、もちろんBIGLOBEの契約の流れも、丁寧に解説していきます。

Web上から進めることもできるので、手間も時間もかかりません。

サクサク契約を進めて、快適なインターネット環境を手に入れましょう。

WiMAXがもたらす生活の変化は、非常に大きいものです。

その変化は早ければ早いほど、よい変化をあなたにもたらすでしょう。

POINT

現在、最もお得にWiMAXを口座振替で契約できるのは「BIGLOBE」。

BIGLOBEから申し込む流れ

BIGLOBEは実店舗がないので、WiMAXを口座振替で契約したい場合、Web上から申し込むのが唯一の方法になります。

BIGLOBEでWiMAXの契約をする方法は非常に簡単です。その大まかな流れは下記の通り。

・契約プランとデータ端末を選択する

・申込書を郵送、もしくはWeb上で記入する

・データ端末を受け取り、設定して使用を開始する

上記3つの手順で、BIGLOBEの契約は完了です。下記でそれぞれ解説していきましょう。

1.契約プランとデータ端末を選択する

契約プランには、通常プランともいわれる上限7GBの”Flat ツープラス”と、データ使い放題の”Flat ツープラス ギガ放題”の2種類が用意されています。

基本的に選ぶのは、データ使い放題のギガ放題がよいでしょう。

ギガ放題であれば、動画などの大容量を消費するコンテンツを使用しても、心配する必要がありません。

3日で10GBを消費した場合は速度制限が適用されますが翌日の18時〜深夜2時の8時間のみ、速度も気になるものではありません。

データ端末は、外観の違いやバッテリーの持ち時間が異なります。あなたの希望に沿った、最適なものを選ぶのがよいでしょう。

また、同様にオプションサービスの選択も可能です。

気になるものがあれば、追加しておくのもよいかもしれませんね。

このタイミングで、WiMAXのサービスエリアも確認できます。

あなたがお住いの場所が、しっかりとサービスエリア内に含まれているかどうか、抜けがないように改めて確認しておきましょう。

2.申込書を郵送、もしくはWeb上で記入する

契約プランとデータ端末を選択したら、次におこなうのが申込書の記入です。

”支払い方法登録申込書”に、必要事項を記入していきましょう。

郵送でおこなう場合は、やりとりに時間を要するため、急ぎで契約を進めたいのであればWeb上で記入するのがおすすめです。

3.データ端末を受け取り、設定して使用を開始する

申込書を記入して提出までおこなったら、後はデータ端末の到着を待つばかりです。

BIGLOBEで契約をした場合、端末が届くまでの期間はおよそ2日〜1週間が目安となるでしょう。

在庫状況や配送状況によっては、2週間ほどの時間を要すこともあるそうです。

データ端末が届いたら、スイッチを入れて起動させ、使用するパソコンやスマホ、タブレットなどと接続をしてみましょう。

Wi-Fiの接続画面に、端末の名称が表示されるはずです。

初期設定は同梱されるマニュアルを見れば簡単にできるので大丈夫ですよ。

BIGLOBEでの契約は上記のように進みます。難しい工程もないため、安心して進めることができるでしょう。

WiMAXを手にしたあなたはまさに鬼に金棒です。

家の中はもちろん、外出先でも快適なインターネット環境が確保できるでしょう。ぜひお役立てください。

WiMAXを口座振替で契約するなら”BIGLOBE”が最善策!

 WiMAXの支払いの主流がクレカ払いであることは否定できません。

しかしながら、口座振替でも契約できるプロバイダは存在しています。

その中でも最もおすすめできるのは”BIGLOBE”です。

キャンペーンを併用することで、圧倒的な節約効果を期待することができるでしょう。見かけた今が始めどきです。

キャンペーンが終了する前に、ぜひWiMAXの契約を検討してみてはいかがでしょうか?

きっとあなたのライフスタイルが変わります。

WiMAXが登場してから、インターネット環境は大きく変化してきました。

もはやインターネットは家の中だけで楽しむものではありません。

携帯用のスマホはもちろん、パソコンやタブレットも、気軽に屋外で楽しむことができるようになってきたのです。

家の中の環境整備はもちろん、スタイリッシュな見た目で持ち出すところを選ばないWiMAX。

口座振替で検討するなら、インターネット黎明期からの老舗でサポートも充実しており、キャッシュバックも受け取りやすいBIGLOBEが正解です。

こちらのページから契約を進めると、「キャッシュバック15000円+月額割引」の特典を受け取ることができますよ。

Pocket
LINEで送る

-WiMAX

© 2020 ネットのミカタ Powered by AFFINGER5