スポンサーリンク

WiMAX

WiMAXのギガ放題とは?初心者でもスッキリわかる最安プランで契約する方法

ギガ放題プランについて知りたいとお考えですね。

WiMAX(ワイマックス)を契約するときに悩むのが、データ通信プランを「通常プラン」か「ギガ放題プラン」にするかではないでしょうか?

「どうせお金を払うのであれば、ストレスなく、かつ費用も安く抑えたい...」、そう思うのは、あなただけではありません。

結論から先にいってしまえば、WiMAXで契約するなら「ギガ放題プラン」が正解です。

ギガ放題ならデータ量(ギガ)無制限でたっぷり快適にインターネットが使えます。ただし、使い方を誤ると、7GB使っただけで速度が遅くなってしまう注意点も…。(本文で詳しく解説します)

また、契約するプロバイダによっては、4万円以上のキャッシュバックをもらえて超お得に使うことが可能です。

今回は、「ギガ放題って何?」「ギガ放題って高いんじゃないの?」「ギガ放題って本当に使い放題なの?」といった疑問を、初心者の方でもわかるように丁寧に解説していきます。

それではどうぞ。

ギガ放題とは?

WiMAXには、

  1. ギガ放題プラン
  2. 通常プラン

の2種類あります。まずはそちらを把握しておきましょう。

UQ WiMAXより」

「ギガ放題」とは、WiMAXのプランのひとつで、データ通信量が無制限のプランのこと。ギガ放題なら、1ヶ月のデータ通信量の上限がありません。

ギガ放題に対して、WiMAXのプランには1ヶ月のデータ使用量が制限されたプランもあります。このプランは「通常プラン」とも呼ばれており、7GBが上限です。

WiMAXはこのように「ギガ放題」と「通常プラン」の2つがあります。このどちらかを選ぶわけですから、とてもシンプルですよね。

POINT

ちなみに各プランの正式名称は以下のとおり。

  • ギガ放題プラン=「UQ Flatツープラス ギガ放題」
  • 通常プラン=「UQ Flatツープラス」

WiMAXを契約するなら「ギガ放題」を選ぼう

WiMAXを契約するときは、最初は迷わず「ギガ放題」プランを選びましょう。

ギガ放題を選べば、月間使用量を気にすることなく快適にインターネットが使えるからです。

さらに、「GMOとくとくBB」なら最初の2ヶ月間は「通常プラン」と同じ月額3,609円(税抜)で使うことができます。

2ヶ月間ギガ放題を使って「自分がどのくらいデータ量を使うのか」を把握できるため、「7GB以上は使わない」と判断すれば通常プランへ切り替えることも可能です。

しかも、プランの切り替えはいつでも無料でおこなえますので、とても便利ですね。

ギガ放題の注意点は?

WiMAXのギガ放題はわかりやすく快適なプランですが、注意点もあります。

  1. ギガ放題でも「3日で10GB」という制限があること
  2. ハイスピードプラスエリアモードは使い放題ではないこと

の2つです。それぞれ詳しく解説します。

注意点1.ギガ放題でも「3日で10GB」の速度制限がある

ギガ放題では、月間のデータ通信量に制限はありません。

ただし、場合によって速度制限がかかることがあります。それは、「3日間で合計10GB」を消費した場合です。

ちなみに10GBの目安としては、スマホでのインターネット閲覧であれば約30,000回、動画視聴であれば約47時間可能です(スマホ用動画、標準画質の場合)。

ギガ放題のプランでも、3日間で合計10GBを消費してしまうと速度制限にかかってしまいます。とはいえギガ放題の速度制限は通常プランの速度制限の内容とは大きく内容が異なります。

通常プランの場合、7GB以上の通信量を消費してしまうと「恐怖の速度制限」が次の月まで発生します。速度制限時の通信速度は「128kbps」です。

速度が128kbpsというと、通常のインターネットサイトを閲覧するだけでも、かなりの時間がかかってしまいます。いつも通りのリズムでインターネットや動画が使用できないのは、大きなストレスになるでしょう。

スマホでデータ制限を経験した人であれば、その速度の遅さを知っている人も多いと思います。あれはかなりのストレスですよね。

ギガ放題の場合、速度制限にかかるのは「翌日の午後18時〜午前2時」の間のみ。時間にして8時間のみが対象です。また、速度に関しても通常プランに比べて圧倒的に早い「1Mbps」を維持しています。

1Mbpsとは、「YouTube」の普通画質動画であれば、問題なく視聴ができるレベルです。もちろんインターネットの利用も問題ありません。

速度制限にかかったからといって、ストレスフルになることはないのです。しかもギガ放題の速度制限は3日間の合計データ消費量が10GBを下回れば、その時点から解除されます。

一度かかった速度制限がそのまま続くこともないのです。例えば、下記のような状況を想定してみましょう。

  • 1日目データ消費量:5GB
  • 2日目データ消費量:3GB
  • 3日目データ消費量:3GB

上記の条件であれば、3日間のデータ消費量合計は11GBです。そのため翌日、4日目の午後18時〜午前2時の間には速度制限がかかります。続いて、下記のような状況になった場合は、どうなるのでしょうか?

  • 2日目データ消費量:3GB
  • 3日目データ消費量:3GB
  • 4日目データ消費量:2GB

先ほどの状況の続きです。今度は直近のデータ消費量合計が、8GBになっています。4日目の午後18時〜午前2時に速度制限がかかっていますが、翌日5日目に速度制限はかかりません。

直近3日間のデータ消費量が、10GBを下回っているからです。このように、ギガ放題の速度制限は期間が限定的、かつ速度も1Mbpsと安定しているため、日常的に大きな問題はないのです。

注意点2.ハイスピードプラスエリアモードは使い放題ではない

WiMAX端末の中には、「ハイスピードプラスエリア」というモードがあります。

ハイスピードプラスエリアとは、スマホキャリアであるauの4G・LTE回線を使用したデータ通信のことを指します。

WiMAXが使用している回線「WiMAX2+」は全国的に広がっている回線ではありますが、郊外や山の中など、一部の地域では使用できないことがあります。

状況によってau回線を使用し、WiMAX2+ではカバーしきれない範囲まで、電波を届けることが可能になります。

「ハイスピードプラスエリアモード」は上手に使えば、とても使い勝手のよいサービスです。速度も問題がないし、WiMAXの端末からスイッチひとつで切り替えが可能。

使用するには通常月額1,005円(税抜)かかります(3年契約なら無料)が、総じてとても便利なサービスです。しかし、そんな便利なハイスピードプラスエリアモードには、ある落とし穴があるのです。

それは、7GB使用で速度制限がかかってしまうことです。しかも速度制限がかかった場合の速度は128kbps。

WiMAX通常プランの速度制限と同様の速度で、解除されるのも翌月になってしまいます。また、ハイスピードプラスエリアモードでかかった速度制限は、ギガ放題の通常モードにも影響します。

つまり、一度ハイスピードプラスエリアモードで速度制限がかかってしまうと、通常モードに戻しても128kbpsの速度制限がかかったままなのです。

「ハイスピードプラスエリアモード」は、WiMAXの端末からスイッチのオンオフが可能です。万が一スイッチを切ることを忘れてしまうと、大惨事になる可能性があります。

「WiMAX2+」回線を使用している限りこのトラブルは無縁ですが、意図せず発生してしまっても後の祭りです。使用の際は確実にスイッチのオンオフを徹底して、速度制限という名の大惨事を回避しましょう。

POINT

ギガ放題の注意点2つ。

  1. 「3日で10GB」の速度制限
  2. ハイスピードエリアモード

「ギガ放題」は快適にインターネットが使えるの?

ここまで、詳しくWiMAXの「ギガ放題」について解説してきました。しかし、実際にギガ放題を使ったときの使用感はどのようなものなのでしょうか?

私自身WiMAXを使用しており、かつ契約しているプランは「ギガ放題」になります。あらかじめいってしまえば、WiMAXはとても快適です。

ギガ放題プランに対する不満も、全くありません。インターネット閲覧もサクサクできますし、動画視聴を長時間していても映像が止まったり、途切れてしまったりすることもないです。

スピードテスト」でWiMAX使用時の速度を測定してみました。

「50Mbps」の速度が出ているため、連日連夜、快適にインターネットを使用できています。ギガ放題のデータ通信制限は「3日間で10GB以上を消費した場合」のみですが、通常使用であればほとんど超えることはありません。

そのため、速度制限にかかったこと自体、数えるほどしかないですね。休みの日には、1日中「YouTube」や「Netflix」を視聴していたにも関わらずです。

恐らく、ギガ放題の速度制限がかかる条件である「3日で10GB」というものが鍵かなと感じました。多くの人のお休みは、ほとんどの場合週末の2日のみでしょう。

3連休というのはあまり一般的ではありませんよね。長期の連休があるにせよ、その機会は年に数えるほどででしょう。

休みの2日間大量に動画を見て、翌日仕事の日にまで通信量を消費しまくる、というのは現実的ではありませんし、私もそうではありません。

前半の2日で大量に通信量を消費しても、3日目に使わない分でカバーできる。そのため、私は速度制限に困ることがなかったのかもしれません。

とはいえ、数回速度制限にかかったことがあるのも事実です。しかし、私は速度制限にかかっているということすら、気づかないこともありました。

ギガ放題の速度制限は「翌日午後18時〜翌々日午前2時まで」と期間も限定的ですし、その速度も1Mbpsと悪くありません。動画の普通画質も問題なく見られますから、インターネット閲覧はいうまでもないでしょう。

上記の経験から、私はWiMAXでインターネットを使うのは非常に快適だと感じています。

友人からインターネット環境を作ることを相談されたら、迷わずWiMAXをおすすめするでしょう。もちろんプランは「ギガ放題」一択です。

POINT

・ギガ放題で快適にインターネットが使える

・ギガ放題の速度制限は比較的ゆるいもの

・速度制限中でも普通に動画を見ることができる

他社プランと比べてWiMAXのギガ放題はどうなの?

手軽にインターネット環境が生み出せるWiMAX。しかし世間にはWiMAX以外にも、手軽に使えるインターネット端末がありますよね。

その代表といえるのが「ポケットWi-Fi」です。ポケットWi-Fiとは「Y!mobile(ワイモバイル)」が提供しているインターネットサービスのこと。

他にはスマホキャリアであるdocomoやSoftBank、auもポケットWi-Fiのサービスを提供しています。

WiMAXと他社ポケットWi-Fiの使い放題プラン。WiMAXにはこれまで解説してきたように「ギガ放題」のデータ無制限プランがあります。

対してポケットWi-Fiのサービスにも、同じように「データ無制限」のプランを用意しているプロバイダがあります。具体的にいえばauとY!mobileには、データ無制限プランがあるのです。

まず、携帯会社のデータ通信プランは割高な料金なのでおすすめできません。

Y!mobileは良い勝負ですが、WiMAXのデータ無制限プラン「ギガ放題」の方が費用も安いですし、契約時のキャンペーンがとんでもなく充実しています。

[template id="356"]

おすすめするのは圧倒的にWiMAX。高額キャッシュバックのおかげで、実質総額が一番安いです。

これに関しては正直なところ、比べるまでもありません。また、WiMAXなら、他社と比べて制限もゆるいです。

速度制限の期間が午後18時〜午前2時までと限定的で、速度制限にかかってもそのスピードは1Mbpsと通常利用ならまったく問題ありません。

それなら安くて快適な「WiMAX」を選ぶのが正解といえるでしょう。

POINT

他社プランと比べても、WiMAXのギガ放題が一番おすすめ!

WiMAXを契約するならギガ放題!

 

手軽に快適なインターネット環境を生み出せる革命的なサービス「WiMAX」。中でも選ぶべきプランはギガ放題です。

悩む必要はありません。WiMAXを契約するのであれば、プランは「ギガ放題」を選んでおけば間違いないでしょう。

WiMAXは契約後にプランを変更することもできます。最初はギガ放題で使ってみて、思った以上に通信量を消費しないのであれば、通常プランに変更することが可能です。

まずは手軽に「ギガ放題」を試してみましょう。

速度制限のストレスを最小限に抑えることができるギガ放題は、通常プランに比べて使い勝手もよく、あなたの望むインターネット環境を作ることが可能になります。

GMOとくとくBBなら、20日間以内ならキャンセルもできるので安心です。

POINT

WiMAXを新しく契約するのなら、「ギガ放題」が圧倒的な正解。

ギガ放題をお得に契約する3つの手順

ここからは、実際にギガ放題を契約する手順を紹介します。

1.エリアを確認する

WiMAXのギガ放題を契約したくても、エリアに対応していなければどうしようもありません。

まずは、「サービスエリアマップ(WiMAX 2+)」で自分の住んでいる場所が対応エリアかを確認しましょう。

ピンポイントエリア判定で「○」と表示されれば、問題なく繋がります。

もし、「△」と判定されて繋がるか不安な場合は、WiMAXを15日間お試しできる「TryWiMAX」というサービスを利用すると良いでしょう。

「×」と判定された場合、残念ながらWiMAXは諦めるしかありません。

「ハイスピードエリアプラスモード」を使えば、au回線でエリア外でも使用できますが、通信制限がかかるため、普段使いには不向きです。

WiMAXが全くエリア外の人は、他のポケットWiFiを検討しましょう。

2.WiMAXプロバイダを選ぶ

いくつもあるWiMAXのプロバイダ。いざギガ放題を契約をしようと思っても、その選択肢の多さから尻込みしてしまいますよね。

実はWiMAXを提供しているどの会社も、使用している回線は同じ(UQ WiMAXが大元)です。そのため、対応エリアや通信速度はどのプロバイダを選んでも変わりません。

異なるのは提供しているプランの金額やサポート、そして度々展開しているお得なキャンペーンです。

ギガ放題プランの金額は、おおよそ3,000円台〜4,000円台が相場です。大きな違いはありません。契約年数は3年は基本になります。

最も注目する必要があるのが「キャンペーン」です。キャンペーン期間中に契約をすれば、とてもお得にWiMAXを契約することができます。

キャンペーンには「端末代無料」「即日配送」「乗り換え無料」などの種類がありますが、一番の注目はやはり「キャッシュバック」でしょう。条件を満たせば、数万円もの高額な金額が還元されます。

おすすめはキャッシュバック金額が最も高い「GMOとくとくBB」です。

[template id="356"]

WiMAXを使用する希望や条件に沿って、あなたに合った最もお得なプロバイダを探してみてください。そのときに注目するのは、月額の料金とサポート、そしてキャンペーンです。

いきなり決めてしまうのではなく、下調べをしっかりとおこなうようにしてくださいね。プランも大切ですが、プロバイダ選びも非常に大切なポイントになります。

POINT

WiMAXプロバイダ違いは、

  1. 月額料金
  2. サポート
  3. キャンペーン

3.端末の機種を選ぶ

契約するプロバイダが決まったら、最後に「端末の機種」を選びます。

おすすめは、GMOとくとくBBの「Speed Wi-Fi NEXT W05」です。

GMOとくとくBBの「W05」は、キャッシュバックが高額な上、

  • 最大通信速度が速い
  • バッテリーの持ち時間が長い

と人気の端末です。ユーザー満足度も高く(価格.comより)間違いなくおすすめの機種です。

POINT

2018年11月に「WX05」が発売されました。

どちらも使ってみましたが、自宅での通信は「W05」の方が電波が入りやすかったです。

どちらも満足度が高い機種ですが、「どちらかを選べ」といわれたら「W05」の方をおすすめします。

[template id="234"]

スポンサーリンク

-WiMAX

© 2020 ネットのミカタ Powered by AFFINGER5