おすすめ本

女性必見!恋愛に役立つおすすめの本40選

Pocket
LINEで送る

恋愛に役立つおすすめの本をお探しですね?

女性にとって、男性との恋愛は人生を素敵に過ごすために大切なものですよね。

そこで今回は、女性に読んでほしい恋愛に役立つおすすめの本を紹介します。

「この本を実践してモテた!」
「恋愛のポイントがわかった」
「絶対におすすめ!」

と思う男女の恋愛に役立つおすすめ本を厳選しています。

ぜひ参考にして、素敵な恋愛をしてくださいね!

それではどうぞ。

 

このページの目次

女性に読んでほしい恋愛に役立つおすすめの本40選

1.話を聞かない男、地図を読めない女

[amazon_link asins='B018OZAH9Q' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='6c8352b9-b2d3-469e-885e-cd4477f23cb1']

男性脳と女性脳の根本的な違いを分かりやすく解説していて、とても分かりやすい本です。

男女の基本的な性質を作っていることが理解できて、納得できる一冊。

この本は、そこら辺にある恋愛指南書のような著書の見解だとか世の中の男女の統計ではなくて、もっと遺伝子レベルで男性の脳と女性の脳の仕組みの違いなどを詳しく解説しているので、妙に説得力があります。

男性と女性の考え方、行動、それは違って当たり前だという事が良くわかります。

全ての説明が、どの男性にも女性にも当てはまると言うわけではないけれど、この本を読んでから、男性のことがよく理解できるようになりました。

パートナーの行動で「ちょっと・・・」と思うようなことがあっても、「あ、仕方ないか」と思えるようになったので、ケンカをするようなこともなくなんとなく上手くいくようになった気がします。

出来れば男性も女性も2人そろって読んでみたら、更にお互いを理解することが出来て良いのかもしれません。

パートナーと重ねながら読むと、「あるある!!」が満載でとても面白いです。

異性の人間関係に悩んでいたり、理解できない人が居る方は是非読んで欲しい。

男女のよくある思い違いが分かりやすく解説されていて、何か異性関係で困ってることがある人は読んだら楽になると思います。

思春期の子供から熟練の夫婦まで世代にわたって読める本。

日本で200万部、全世界で600万部、42か国で1位になったベストセラーで内容を読んだら、なぜ人気があるのか納得しました。

2.スパルタ婚活塾

[amazon_link asins='4905073073' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='bf54904e-c566-4f44-a21a-27c88273624b']

水野敬也さんの『スパルタ婚活塾』。

中谷美紀さん主演でドラマ化されていた「私結婚できないんじゃなくてしないんです」の原作がこの「スパルタ婚活塾」です。

ドラマの中で、この本に書かれている名言がバシバシでてきてとても気になって読んだ本です。

男性目線の恋愛、婚活に役立つ言葉がすごく心に刺さるし、実践してみたい!!と思うテクニックがたくさん載っています。

この本を読んで少し目線ややり方を変えてみるだけで、自信をもって男性と接することができ、実験している気分で楽しく恋愛できるので絶対おすすめです。

私の好きな名言は、「AKKKNM理論」です。あれ?これ結果的にかけひきになっちゃってます!?の略です。

今までの恋愛で上手くいかなくなっている人にはぜひ読んでほしいです。

この本は完全に男性目線でのアドバイスとなっており、厳しいことが書かれていることもありますが、男性目線での適格なアドバイスでもあると思いました。

私はその後結婚しましたが、旦那にこの本の内容を話してみると、「わかるわ~」と言っていたので、男性あるあるの内容が書かれているのだと思います。

女性目線でこうするとモテますよ、ではなく、男はこういう風に考えている、こういうことが好きだ!という内容を男性が書かれているので、説得力もあります。

3.恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか

[amazon_link asins='4101279519' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='c01456cb-aeff-4e9a-b3fe-028be9f073e5']

男性と女性の脳の違いを、分かりやすく説いているのでよく理解できます。

もともとの考え方からして、全く違う回路を持っている男女が上手く付き合っていくには、お互いを理解しなくてはなりません。

この本には、女性に多く見られがちな恋愛至上主義のことが書かれています。

何でも恋愛に結び付けて考えてしまう女性に対しての関わり方、接し方がよく分かり、そのような女性を好きになった時の男性には、とてもお勧めの本です。

好きな人が出来、お付き合いするようになると、様々な意見の相違や、些細な口げんかが出てきます。

そのような時に、違いが少しでも分かっていると助かると思います。

愛することについての男女の脳の違いが、本の裏表紙にも書いてあり、とてもわかりやすいです。

前から男と女は考え方が全然違うと感じてはいましたが、この本を読み、「すれ違ってしまう理由」が、理論的かつより具体的に違うということを理解できました。

全ての項目に具体的な状況が書かれてあり、自分でも思い当たることもたくさん出てきて、とてもわかりやすかったと思います。

この本はエッセイであり、自分の日常や人間関係などと照らし合わせ、楽しみながら読める本になっています。

4.男が絶対手放せない女になる39の法則

[amazon_link asins='480470499X' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='0f219033-f90a-4e15-ab45-bc9e076bc76e']

恋愛コーチ Tao Kaoriさんの本です。

おすすめのポイントは、恋愛成就を妨げる原因が書かれています。

私がこの本を読み始めた時は、

「なぜ思い通りにならないんだろう」
「こんなに好きなのになぜ認めてくれないんだろう」

という、あらゆる"なぜ"が頭の中にありました。

「大好きなのに、もう、別れる潮時かもね…もう、どうしようもないよね」と思っていた時でした。

書店で目次をパラパラしていた時に、最初に目に飛び込んできた、「期待する関係から与え合う関係に」という言葉が心にささりました。

「こうしたんだから、こうしてよ」
「大好きなんだから、返してよ」

こんなことばかり繰り返していたのかもしれません。

苦しい恋愛、悲しい恋愛、楽しい恋愛、嬉しい恋愛、様々ありますが、どのような恋愛にも、解決の糸口がみえてくるような本だと思います。

あとがきに、幸せは自分の中にあり、楽しむことが基本だと書いてありました。

希望が持てる本です。

5.ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた

[amazon_link asins='4837971768' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='c59af7bc-2c72-494a-83a4-f8c13c313ab5']

恋人との付き合い方がよく分かる本です。

男女で考え方や感じ方、行動の取り方一つ一つが本当に違ってきます。

これまでパートナーの理解しがたい言葉や行動に、ついついイライラしてしまったり、ケンカになってしまっていことも、この本を読むとそういう事だったのかと、異性や他人のことを理解することができます。

ムダなトラブルを回避することができるし、その理解から人付き合いやパートナーとの関係も深めていくことができる、良いきっかけになる本です。

読むのと読まないのでは、かなり人との付き合いに差が出てくると思います。

読む度に新たな発見があり、何度も読み返していきたい一冊です。

女は愛され大切にされていると実感したい。男は信頼を寄せられていると実感したい。

精一杯相手のことを想っていても、求めるものが違うから自分の想像だけで相手を愛しては満足は得られないのだと知りました。

相手への理解もすごく深められる本です。

6.ジョン・グレイ博士の「愛される女」になれる本 

[amazon_link asins='4837973450' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='78e6e227-12c2-48dc-a5c9-f66905e63c3b']

ジョン・グレイ博士がアドバイスをしてくれる、とても面白い一冊です。

確かに女は愛されたい、男性に大切にされたいと思って、パートナーに接したり期待したりする部分が強いと思います。

そして、男性は女性に褒められたい、感謝されたい、頼られたいという本心があると思います。

そこを理解しないでただ好きなだけでパートナーとのお付き合いを進めていくと、必ずと言って良いほどお互いのことを理解しあえず揉めてしまったりと、トラブルの原因になります。

この本を読むと、男女の違いがよくわかるし、頷きたくなる同感できる部分が多く、とても参考になるはずです。

7.選ばれる女におなりなさい

[amazon_link asins='4065136717' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='e38c9ca3-6015-434e-bc65-211c00350705']

この本は、スカルノデヴィ夫人の体験をもとに、恋愛の全てがびっしりと描写されております。

文字数も多目で読みごたえあります。特に30代女性の婚活している方には大変おすすめです。

私も含め、30代女性はある程度恋愛経験もあると思うので、婚活市場において、どうしても男性を上から目線で見てしまい、かつ選んであげると思う部分があると思うのです。

しかし、私たち女性が選ぶのではなく、タイトルにもあるように選ばれるようになることの重要性がしっかり納得できる文章力で表現されています。

読みはじめて1ページ目から、デヴィ夫人の恋愛の世界にかなりひきこまれます。

8.モテキ

[amazon_link asins='406510775X' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='5c79dfe0-817f-4ec6-ba42-995ae7bdc7a6']

三十路の派遣社員、いままで目立った恋愛経験のなかった男に突然のモテ期が到来する、という漫画です。

突飛な設定なようで、実際この様な境遇の男性は多く共感できる人も多いでしょう。

草食系男子は肉食系やコンサバなモテ系女子の生態を知る事が出来るかと思います。

また、サブカル好きでサバサバした性格の、主人公の女の子版のような登場人物も出てくるので、女性も男性へどうアプローチを掛けようかというノウハウが知れると思います。

実際私もサバサバ系で男性にアプローチすることが苦手でした。

この漫画を読んで主人公のような草食系もそうですし、世の男性の生態が分かったので、積極的に行動するようになりました。

9.ぐっどうぃる博士の恋愛相談室 男が本当に考えていることを知る方法

[amazon_link asins='4771106533' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='9ab89e8a-d5c1-49f6-a8eb-c47d40517d06']

恋愛の原理原則が書いてあり、納得することが多かったです。例えば、

「男性は手に入ると冷める傾向があり、手に入った時点で尽くされたり構われるとあぐらをかいてしまう」
「そこで女性が問い詰めたり感情的になると、距離を置こうとしたり最悪は振られてしまったり」

このような男性の心理とかが的確に書かれていて勉強になりました。

女性の自分にとっては耳の痛い話もありましたが、現実的にこうなのだから仕方ないと思えましたね。

確かに感情的になっていい事は無かったので反省もしました。

自分自身を振り返ることもできたので、良書だと思います。

また、相当数の恋愛相談にのっている作者なので説得力がありました。

10.好きな人を忘れる方法があるなら教えてくれよ

[amazon_link asins='4048962833' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='539b4f6c-6359-4635-bc4d-4f87758cd362']

女性に絶対におすすめの本は、Twitterで話題のニャンさん著の「好きな人を忘れる方法があるなら教えてくれよ」です。

この本は、恋愛経験はまだまだ未熟な男性のニャンさんがTwitterのツイート形式で書いた書下ろしエッセイ本になります。

恋愛に悩む全ての女子に捧げる切なくてツライけどまた恋したくなる勇気をもらえる1冊です。

作者のニャンさん自身の恋愛経験をふまえた、恋する男女の気持ちを代弁するような切ない言葉や、ときには現実を客観的かつリアルに指摘する辛辣なフレーズの数々は10~20代より圧倒的な支持を受けています。

例えば作中の中での1ページで、「寒い冬の1人の帰り道に「会いたいな」って頭に思い浮かぶ人が、自分をメンヘラにした張本人だったりする」という言葉はかなり人気のページで共感の声が多数あります。

11.察しない男説明しない女

[amazon_link asins='4799315277' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='5219a0c7-1492-4d66-99c9-8e4c16cc692d']

全員が全員当てはまるとは限らないですが、男のよくある特徴、女のよくある特徴が記されている本だなと思いました。

例えば、男は過去の恋愛遍歴をまるでアルバムにファイリングするのに対し、女の恋愛遍歴は上書きされていくというところがなるほどなというところもあるし納得させられましたね。

男は鈍感だから察するのが下手だし、女は察するのは得意だが、説明するのが苦手だというところも納得できました。

著者の例え方が上手だなとも思いました。

読んでいて面白いから次々とページをめくることができるし、読みやすい本です。

12.ラブホの上野さん

[amazon_link asins='B00SM8OQLG' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='73f9ceec-cab5-4c04-a17a-54077d6a9f56']

「ラブホの上野さん」この本は漫画なので、文章を読むのが苦手という方には読みやすいと思います。

私はこの本を読んで恋愛のポイントや男女の心理的な駆け引きなど学びました。

こういうシチュエーションではこの行動・話題がベストや逆に絶対NGなどわかりやすく説明しています。

また心理学を織り交ぜて男女の駆け引きなどするので説明に説得力があり、女性の視点から見て度々舌を巻くことや納得させられる多くありました。

この本を読んで実際の恋愛に実践したところ、うまくいった経験があります。

機会やシチュエーションがあれば実践してみてほしいです。

13.大切な人の心を離さない。「かわいい女」63のルール

[amazon_link asins='B0099JLJ08' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='6f21a34c-9f82-45f4-b683-cd6dbc20ecb5']

この本で印象に残った話は、男の人の欠点をあまり気にとめないようにするという話です。

私は相手の欠点が気になってしまうことがあるので、もっと寛容に生きなければいけないと感じました。

この本を読み、男性をリラックスさせられるような癒し系の女性を目指すようになりましたね。

また、男性を見極めるポイントも執筆されているので、これから新しい恋愛をされる方にもおすすめです。

なにより、この本は筆者が男性目線で本音を執筆されている為、説得力があります。

この本の言う通りに行動したら、彼氏と上手くいくようになりました。

男性の心を理解したい方におすすめします。

14.男の気持ちがわからない君へ

[amazon_link asins='B00EHCTUVC' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='46b29e4b-9227-4297-acd2-b154c271e814']

恋愛の基本について書いてある本です。

一番印象に残った章は第一章の「男は恋に夢中になれるか…」という章です。

「男のプライドを傷つけていませんか」と投げかける筆者は、男性にとって触れられてほしくない箇所を理解すること、一緒に過ごすうえで覚えておいてほしいポイントについて細かく執筆されています。

私はこの本を読んで普段何気なく男性にしてしまう行動がいかに、相手を傷つけているかを知りました。

この本を読んでからは男性のプライドを傷つけないよう気を配るようになりました。

その後、彼との関係も良好になりましたよ。

15.「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」

[amazon_link asins='4046041293' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='7b38ba97-3855-4b25-b489-58dc300ebf1b']

ダメな男を断捨離する方法、メス力を上げる方法が詳しく書いてあり、あっという間に読み終えてしまいます。

つい、他の人に教えてあげたくなるようなためになることがたくさん書いてありました。

また、筆者の方が身をもって体験したことを元に書いてあったり、他の方の体験談もあって、とても説得力があります。

いい女になりたい方、いい男を見つけたい方、彼ともっとラブラブになりたい方は是非!買う価値ある本だと思います。

大好きな男性に愛されるために、魔法のメス力を読んで勉強しましょう!

16.六星占術による火星人の運命

[amazon_link asins='4864107033' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='a8b1ac86-7f6c-4a9a-b8f5-cc5a0a368b62']

生年月日で自分がどの星人であるか割り出し、その人のその年の恋愛運が詳しく書かれています。

他の恋愛本と違い、個別のアドバイスで具体的です。

毎月の運気、一年の運気表もついているので、何日に恋愛に積極的になったらいいか、いつ静かに過ごさなければならないかもわかります。

また、自分は何歳の人と相性が良いか、その人とはどの様に仲が良いかも詳しく書かれています。

ラッキーカラー、ラッキーグッズ、幸運な場所など色々な事が詳細に書かれています。

恋愛だけではなく一年の運気、仕事運、健康運、レジャー運が分かるので、良い恋愛をするために生活全般を見直せますよ。

17.植物図鑑

[amazon_link asins='4344419685' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='ef0f609a-033a-438d-a3e8-8a9dd53a5618']

男女の恋愛において、他人から知人、そして、知人から好きな人になるまで、愛を育んでいく様子が描写されています。

私は、普段自身の恋愛において焦って好きな人が出来たら早く白・黒つけようとしていました。

その結果、気持ちが先走り、失恋してばかり。

しかし、この本を読んで、グレーの段階があっていいんだ、あったのに今まで高飛びしていたと、自分の恋愛への意識を変えるきっかけになりました。

早ければいいわけではないし、もやもやしている時は尚更一度グレーゾーンにポイっと気持ちを置いて気持ちを整理できるのでオススメです。

恋に恋している方に見つめ直して欲しい本でもあります。

18.異性

[amazon_link asins='4309413269' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='d3ee86ee-0520-434f-827c-413653af47f1']

この本は角田光代さんと穂村弘さんが男女の恋愛について考察しているエッセイで、お手紙を交換するみたいにひとつのテーマにそってやりとりしたり、たまに全然脱線したりする本です。

この本は、これをしたらあなたも明日からすぐモテる!

好きな人をおとす100のテクニック!みないな指南本ではありません。

まーったく違います。

ですが、それらの本のように、私個人的にはそれ以上に恋愛のアドバイスになった本です。

ひとつのテーマでも、「男と女の捉え方はこうも違うのか」、と驚いたり、「へえ男の人ってこんなふうに女性をみているのか」と勉強になったりします。

男性のことをよく理解できた一冊です。

ぶっちゃけて言えば、男性に対して、「何でわたしのことわかってくれないの?」といういうストレスが減りました。

今では彼と喧嘩しても全然へこまない。

「そもそも見方が全然違うんだから!!」と気持ちにすぐ切り替えられるようになりました。

19.ray 可愛くなれるヘアとメイクのれんしゅうちょう

[amazon_link asins='B071LMV9C9' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='c3b1a8ab-2dd1-461a-a706-3026c40de6d9']

色々なメイクをモデルさんや女優さんのお顔で紹介されています!

男受けのいいメイクを研究できるので、好きな男の子にアピールするチャンスです。

基本編のベースメイクやアイメイク、アイブロウ、チーク、リップの練習が載っています。

応用編ではナチュラルメイクやデイリーメイク1週間コーデ、色っぽ可愛いメイク、ピンクメイク、パーティメイクが載ってます。

恋愛をする上で自分磨きは必要不可欠です。

メイクをすると可愛い自分に出会うことができます。

1つ1つのページに詳しくメイクの仕方が載っているのでとっても見やすくて役に立ちますよ。

20.熱帯安楽椅子

[amazon_link asins='4087451992' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='a8562c43-2d23-4b54-af11-f448f40d9573']

この本は、いわゆる恋愛教本ではなく恋愛小説の類ですが、私はこの本を読んで恋愛に対する価値観が変わりました。

今までは、付き合う前の体の関係なんてとんでもないと思っていたし、行きずりの男性との間に性交渉があった場合、無意識のうちに「ヤリ捨て」されたという劣等感が自分の中で生じていましたが、それは違うと思うようになりました。

お互いに味見しあっただけなのだと。

例えるなら、かつて通っていた馴染みのカレー屋さんが潰れてしまい、道すがら美味そうな店を見つけて入ってみた程度のことなのだと。

その結果が大ハズレだったり、満足はしたが2度目はないと思ったり、次の行きつけになるかもしれなかったり・・・はたまた、好みの味の店だったのにまた行こうとしたら既に潰れてしまっていたり。

ルックス(看板)から入って体の相性(味の好み)を確かめる。

つまり、こちらが振るいにかける側になればいいのだと思うようになりましたね。

また、そんな主人公の素姓を知ってなお純愛的な好意を抱き続ける青年も作中に登場してくるのですが、彼はただだ無垢に純粋に彼女に憧れを抱いているのです。

どんなに姓に貪欲な女でも、それでもその主人公を遠くから見守るだけの青年。

きっと主人公が今までの私のように劣等感に苛まれていたら青年も主人公に憧れなんて抱かなかったでしょう。

ですから私も、これからは抱かれたのじゃないわよ、こんなに美しい私が味見してあげたのよ。というスタンスで生きていこうと思いました。

そうすればきっと劣等感ともおさらば出来て、行為を抱いてくれる青年にも出会えるような気がします。

21.なるほど!と分かる はじめての恋愛心理学

[amazon_link asins='B00QLF9GQM' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='73c98c59-b1ac-4269-b917-2bff8b8ba800']

恋愛をしていて今までどの彼氏とも価値観が合わないことや、この人のこういうところが嫌だなと思っていたり、どうして男性ってこうなんだろうなと思っていたりしていました。

それが、この本と出会ってからは男の人と女の人は相手の考え方が理解できるように。

堅苦しくなく漫画になっていてイラストを見ながらなので、文章を長々と読んでいくよりも頭に入りやすく残りやすいのでオススメです。

男性から見てモテる女性になれるように男心を理解していれば、モテるだけではなく、男女の考え方の違いについて悩まなくてもいいのでとても楽ですよ。

カップルになってからと夫婦になってからは、また最初の頃とは変わってくるので、どう考えていけばいいのかポイントもつかめます。

22.小悪魔な女になる方法

[amazon_link asins='4087463133' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='645c4a15-0bae-4918-8be3-840f2c90cd41']

銀座のホステスをしていた蝶々さんが「自分ならこうする」的な目線でモテない女子をぶった斬って書いています。

嫌味な意味ではなく痛快です。文章も面白いし、今よりさらにモテる為・男ウケを狙う為に是非読んでほしいです。

拝読したのは10年以上前なのですが、この本から学んだ事が大きくて今でも生きています。

恋愛においてはホステスさんの知識は勉強になります。

くよくよ悩んだり1人で考えすぎなくても良いと気付いたし、それまでの自分が遠慮し過ぎていたとか、やりすぎていた事に気づかされました。

「小悪魔」という言葉に良くないイメージを持つ方もいらっしゃいますが、「男性に愛される・可愛いと思われる女性、だけどもしかしたら女ウケは悪い」と言い換えられると思います。

シンプルに改めた方が良い所が分かります。

ムダにならないと思うので、参考程度に蝶々さんの考え方を知ってみる事もおすすめです。

23.ベストフレンド ベストカップル

[amazon_link asins='4837972365' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='d864e5e7-ecc4-4503-9b7f-e39cbaaeff5f']

女性と男性では脳の仕組みが違う=お互いに違う星からやってきた異星人である。という定義のもと、全く話の通じない異星人同士がお互いが歩みより、心を開き、より素敵なパートナーになる為にはどうすればいいか。

具体的な相談例をあげながら、異星人の気持ちを解き明します。

この本がお勧めな理由はズバリ、私自身がとても役にたったからです。

長く付き合う人ができても、相手を信頼しきれず、なぜ気持ちを言ってくれないのか?と悩む日々。

しかし、この本に出会ってから、彼の行動や会話の流れを客観的に見れるようになりました。

この本のいいところはまだまだありますが、面白いのは予想外の答えがあること。

「心から思っていなくても◯◯と毎日言ってほしい」そうしてくれたら私はこう思えるの、といったストレートなお願いの仕方もあるという内容があり、衝撃でした。

男性は案外、正直にお願いした方が伝わり易いのか、と素直に感じました。

もちろん最後に「ありがとう」と感謝することは忘れずに。

好きな人とずっと仲良く過ごしたい。ただ一人のベストパートナーになりたい、そう思うのは男性も女性も同じではないかな。ぜひ男性にも読んで頂きたいと思います。

ちなみに!本の最後にある大島渚さんの感想もとても良かったです。

24.午後の恋人

[amazon_link asins='4167168243' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='28157d39-b389-4071-8108-f72e011f6110']

「午後の恋人」は、平岩弓枝先生の恋愛小説です。

最初に発行されたのは、今から何十年も前。

でも今でも、あまり違和感なく読めます。

夫に離婚を切り出され、40歳にして放り出された、専業主婦の明子。

でも彼女は夫からの慰謝料を手に、喫茶店を経営しようとシャカリキになります。

そんな彼女は以前より若々しく、魅力的に……三人の男性に猛烈な求婚をされ、捨てた夫でさえ、彼女に復縁を迫ってきます。

そこには、

「他人の親切に甘えず、しっかり働こう」「自分で働いて、お金を稼ごう」

という、明子の芯の通った生き方があるから。

人の悪口を言わない、感情的にならないなど、手本にするべき点が多いです。

25.冷静と情熱のあいだ(BluとRossoの2冊)

[amazon_link asins='4043599013,4043480032' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='5c7fe603-d23f-499d-bc34-118112112852']

辻仁成さんによる男性目線からの物語がBlu。江國香織さんによる女性目線からの物語がRossoです。

同じエピソードを男女それぞれの目線で書かれており、性別による物事の捉え方の違いや考え方の違いが上手に描かれています。

Bluでは、男性が本当に忘れられない恋愛として心に刻むのは、どのような女性とのどのような恋愛でどのような終わり方であったのかが心情を多く含んで描かれます。

一方Rossoでは、過去の恋愛で負った傷を含めて自分を本当に愛してくれる男性と、忘れられない昔の恋人との間で揺れる女心を描いています。

それぞれが最終的に選ぶゴールが同じであっても、そこに至るまでの心の変化は男女で大きく異なっているという事がこの2冊を読む事でよくわかります。

自分の過去の恋愛を振り返っても、この本を先に読んでおけばよかったと思うばかりです。

26.想いよ、逝きなさい

[amazon_link asins='4344031806' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='27cc2786-ec08-4e39-a255-893fe910a41f']

失恋からの回復薬のような本なのですが、自立する女性への手順書の役割を持っています。

SNSとの付き合い方や「?してほしい」という欲求の対応など、次の恋愛に向けたアイディアが載っています。

女性と男性の違い、恋愛依存にならない考え方など、学習しておくことで凛とした大人の女性になります!

特に読んで欲しいのは、38Pの「二人の世界で愛し合っていても幸せは続かない」という項目です。

幼い恋愛では自分たちだけに目が行きがちですが、周りの方々と良好な人間関係を築けるようになることで、自ずと素敵な男性がたくさん集まるようになりますよ!

27.大好きな彼をかならず手に入れる恋愛の極意

[amazon_link asins='4046014105' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='4a2f64a3-fe7a-477b-8d4d-abe2eaedba32']

作者の志摩純一さんは、女性の恋愛に対する悩みなどに親身になってアドバイスをしてくれる方だとブログや本を見ると分かります。

残念ながらもう亡くなられていますが、恋愛に悩んでいた時期にブログを読んでいました。

もっと早くこの人の存在を知っていればよかったとも思います。

男性目線から書かれているので、女性としては驚きもあり、学ぶことがたくさんあります。

おかげで今は恋愛で悩むこともほとんどありません。

自分優位になれるようになりました。

これからもこの本やブログを読むと参考になることが多く、励まされたりするのでずっと読んでいたいと思えます。

28.ザ・シークレット

[amazon_link asins='4047915572' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='eb06a400-9684-44f9-8e13-601f9bd2cda5']

この本は、一言で言うと『引き寄せ』の本です。

信じるか、信じないかは貴方次第ですが、宇宙の力を借りて自分の欲しい物を自分で引き寄せる事ができます。

もの凄く単純なことしか書いていません。

ですが、私たちは当たり前の事を当たり前に出来ていない事が多いです。

その事を気づかせくれて、書かれている事を素直に行動するだけで自然と自分が欲しい物が手に入ります。

彼氏、彼女だけでは無く健康やお金でさえも手に入れる事ができます。

欲や見返りを求めてしまう人には残念ながら、引き寄せる事は出来ません。

私はこの本を読んで、実際に行動をしたらミラクルな出来事が次々とおこりました。

もちろん、今の主人も引き寄せで結婚する事ができました。

29.読むだけで思わず二度見される美人になれる

[amazon_link asins='4046000422' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='b60a9ef0-e54f-4e1b-a682-7d3dbbca8846']

まず著者の神崎恵さんですが、アラフォーにも関わらず女性から見てもドキッとするくらい仕草や表情が可愛らしい方で見た目もとてもアラフォーに見えない方です。

そんな方がスキンケアのこと、男性から女性の見え方・視点を詳しく書いてらっしゃるので説得力が凄いのです。

恋愛の下準備として、肌をきれいにすることヘアケアをすることの大切さを知って実行し、準備を整えることの重要性を知りました。

そしてその上で実際に姿勢や仕草、香りを纏うことなど実践していくと、自分では変わったと感じていなくても周りが気づいて無意識にその人への態度が変わったり行為を寄せてもらうことが増えました。

恋愛に関して手先のテクニック云々よりもまず初めに読んでほしい本です。

30.ナポレオンの恋人たちー愛される女の条件

[amazon_link asins='4048838970' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='15c68adb-0b3c-4e3c-897a-0d8d313157ac']

題名の通り、愛される条件をナポレオンを主人公として物語的に記した一冊です。

男性がいかに弱い面を持ち、女性に何を求めているのかを、ナポレオンと言う英雄を通して知る事が出来ますし、女性は、そういた男性の内面に、いかに向き合うべきか。

併せて、男性に対して「こういう態度を取ってはいけない」逆に、女性に対して「これを入ってはダメ」等の具体例が、ナポレオンと、彼に関わった多くの女性たちの言動を例に挙げて述べられています。

時代が変わっても、国が違っても、男女の根本的なあり方は不変だと思います。

「男の事は分からない」「女の考えている事は…?」と恋愛に悩んだら、是非読んでみる価値ある本です。

31.砂時計

[amazon_link asins='403650410X' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='6d53f407-d91a-46dc-a2cf-ee3b36d47843']

少し前に流行った本ですが恋愛には最高に役立つ本だと思います。

男女のすれ違いが描かれています。

すれ違ってはいますが、お互いに思いを寄せています。

なかなかお互いに本音を言えず歯がゆいです。

恋愛は一筋縄ではいかないなと思える本だと思います。

邪魔が入る部分もありますが、恋愛にはそれがさらに恋を発展させる要素があるなと思いました。

恋愛によって様々な困難があるのが、とても面白いと思います。

恋愛のポイントもつかめるので、絶対にオススメの本です。

32.妻は他人 だから夫婦は面白い

[amazon_link asins='4047348961' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='cdaa6f18-86c8-4998-ae54-f5ece76b3663']

付き合ってから一度も喧嘩をしたことのない夫婦のコミックエッセイです。

「妻は他人」というインパクトのあるタイトルで、思わず手に取ってしまいました。

恋人でも夫婦でも1人の他人なので相手を尊重しようというような内容です。

当時、恋人に自分の考えや要望を押し付けてうまくいっていなかったのですが、この本を読んでから相手の気持ちや習慣を尊重したいと思えるようになりました。

職場の人や初対面の人にはできる気遣いが身近な相手に対しては疎かになりがちですが、考え直させてくれる本です。

恋人を束縛してしまう人、よく喧嘩してしまう人等に読んでもらいたいです。

33.私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな

[amazon_link asins='4591136205' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='b0a285d5-3549-408a-8e15-64b7f153757b']

女性が男性に対してついやってしまいがちなNG行動を、自称未婚のプロである著者が、これまでの恋愛における失敗を通してユーモアあふれる語り口で書いてくれています。

サクッと読めつつも、時に「私もこれやったことある。。。」と時折心にグサッとささる箇所がありました。

女性がこんな事をやると、その時男性はこう思うんだよ、という男性側の視点が解説されていて、「なるほど男の人ってこんな風に考えるんだね~」と気づかされることも多かったです。

私は実際にこの本を読んで、反面教師とした結果無事に結婚することができました。

自分の何がダメなんだろう、と男性との関係に悩んだ時に読んでみるといいのかなと思います。

34.運命の恋をかなえるスタンダール

[amazon_link asins='4866510153' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='b6d0b2f4-20e2-4235-b3e6-ff09536310c6']

非常にわかりやすく、かつ論理的に書かれている本なのでおすすめです。

本書は、スタンダールの「恋愛論」という本に基づいて書かれています。

そのため、非常に歴史ある本から引用されている箇所がたくさんあり、非常に勉強になり説得力があります。

また、それだけでなく、ストーリーとしてはとてもわかりやすく馴染みやすいストーリーになっています。

恋にどう対処するべきか悩む女性と、架空のスタンダールとのやりとりが描かれており、非常にコミカルに展開していくので、読んでいて飽きが来ることがありません。

ノウハウをしっかり身につけられる本です。

35.恋文の技術

[amazon_link asins='4591124215' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='a48ca908-ecc1-4ae0-b265-56a1a6ddd435']

「恋文の技術」は、森見登美彦先生の小説です。

書簡風小説……つまり、ある人とある人の交わした、手紙の型式で物語が進んでいきます。

自己啓発本やハウツー本ではありません……でも、ちゃんと恋愛の参考になる描写が、たくさんあります!

その最大のモノは、「痛い人にならない為には?」という視点。

主人公の森田くんは、意中の女性に告白出来ず、延々と言い訳を続けます。

肝心の相手に恋文を出せず、代わりに友人や先輩、妹にばかり愚痴や悩みを書き、迷走する毎日。

でも空回りした挙句、最後は失敗をバネにして、素晴らしい恋文を書き上げるのです。

彼の暴走・迷走ぶりを「反面教師」にするのは、オススメです。

36.花より男子

[amazon_link asins='B00ANYH1S2' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='8ec3a00b-342f-4f7a-969a-7cd8f05a27ad']

貧乏な一般人女子の主人公とそれを取り巻くお金持ちF4の恋愛模様を描いた漫画で、一見ありえない展開ですが、深読みすると、主人公の女子(つくし)がなぜモテるのかわかります。

例えば、追えば追うほど逃げたり、捕まえたと思ったらまた取りこぼしたり、好きと言われたら次の日には嫌いと言われたり。

ですが、逃げてばかりでもなく、優しく甘えてみたりもして、男子を飽きさせない。

プライドの高い男子が絶対に落として見せるという気持ちにさせるテクニックをつくしは無意識に使っているのだと思います。

そして何より健気で一生懸命な姿は、恋愛において必要なのだと実感させられます。

37.私の奴隷になりなさい

[amazon_link asins='4043868014' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='4702f515-cc32-442d-b2c0-8b35cd3516d3']

「私の奴隷になりなさい」は、サタミシュウ先生のSM恋愛小説です。

壇蜜さん主演で映画化もしたので、ご存知の方も多いかもしれません。

SM?と首を捻るなかれ。

確かに、普通の恋愛小説や、指南書ではありません。

でも「隷属」を通じて、絶対的な信頼と、それがもたらす喜びをこれでもか、と書いています。

ヒロインの香奈は、「ご主人様」と呼ぶ中年男性に全てを任せています。

彼に命じられれば、どんなことでも喜び、苦悩しながらも実行する……例え、他の男性と寝るよう命じられても。

そこには、全てを任せる絶対の信頼・愛情があります。

そしてご主人様の行動の根底には、奴隷への愛情があります。

判断を他人任せにするのは無責任じゃない、信頼の証なんだ。

そんな風に考えさせる、いっぷう変わった物語です。

38.いつか別れる。でもそれは今日ではない

[amazon_link asins='4046020113' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='4e98dd71-62a2-4496-8116-5cc7ae381369']

fさんのお言葉がストレートで深い。

どんな恋愛をしてどんな人と関わってきたらこんな恋愛観、人生観が生まれるのか気になります。

一人で寂しいときにも読みたくなるし幸せだからこそ読みたいとも思いますね。

最終的な人生の質は、その人の美醜でも年収でも学歴でもなく、出会った人とその人と何を話すことができるかだと思います。

「好奇心豊かに、警戒心豊かに生きろ」
「肩書より、やっていることやりたいことで人を見る」
「失恋で一度ちゃんと死ぬ」

など名言が多いところと大好きです。

寂しいような哀しいような温かいような…いろんな感情を学べる著書はおすすめです。

39.世界一愛されて幸せになる魔法のプリンセスレッスン

[amazon_link asins='4054039995' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='302398c2-e92f-453b-89ea-f8cbfaef6343']

上手くいかないなと落ち込んで自分を責めてしまうときに読んで欲しい本です。

可愛い絵と柔らかい文章にとても癒されます。

落ち込んだ時、自分を責めずに。疲れたとき追い込まずに、自分に優しく。悩んだとき、気の向く方へ。癒されるものに満たされた生活を。

慌ただしく日々すごしていると自分のことがないがしろになってしまって、満たされない気分になることが多いと思います。

自分を甘やかしてあげれるのは、他の誰でもなく自分だけ。

そんな忘れがちなことを思い出させてくれます。

自分に優しく、お姫様のように大切にしてあげることで満たされた気持ちになれば無敵に過ごせる。

落ち込んだときに読みたい本です。

40.ずっとやりたかったことを、やりなさい。

[amazon_link asins='4763136038' template='Amazon1' store='atsu0529-22' marketplace='JP' link_id='f96320db-fc71-4b87-b93c-7e73ded850de']

誰にでも「一度やってみたい」とか「あの時できなかった」とか思うものがあると思います。

この本はそういう事を大人になってからやるための本です。

若い人が夢を叶えるのは熱量でなんとかなりますが、そこそこ歳を重ねると別の何かが邪魔をしてきます。

その邪魔してくるものを少しずつなくす方法が書かれています。

それを意識するだけでもかなりスッキリした気分になれます。

アーティスト向けに書かれたものではありますが、恋愛や新しい仕事など、別の事でも効果が得られると思います。

これを読んで世界が変わった、とまでは私は言えませんが、以前より物をよく考えるようになりました。

考えると原因がわかったりするので、読んでよかったと思います。

まとめ:本を読んで素敵な恋をしよう

いかがでしたか?

恋愛には失敗や後悔はつき物ですが、今回紹介した本を読むことで、良い恋愛ができるはず。

ぜひ、素敵な恋をしてくださいね。

また、他にも恋愛に役立つ本があれば、コメント欄で教えてください(^^)

Pocket
LINEで送る

-おすすめ本

© 2020 ネットのミカタ Powered by AFFINGER5