スポンサーリンク

映画

【笑える】絶対に面白いコメディ映画(洋画)おすすめ23選

面白いコメディ映画(洋画)をお探しですね。

今回は、絶対に面白いコメディ映画(洋画)のおすすめを23選ご紹介します!

年間100本以上映画を見る映画マニアが、おすすめコメディ洋画を厳選しました。

面白いコメディ映画(洋画)をお探しの方は、ぜひ参考にしてくださいね!

それではご紹介します。

 

おすすめ動画配信サービス

【31日間無料トライアル】

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

【30日間無料トライアル】

amazonプライム・ビデオ 人気No.1!

【2週間無料トライアル】

海外ドラマバナー

絶対に面白いコメディ映画(洋画)おすすめ23選

23.赤ちゃんに乾杯!

この映画はフランス映画のコメディです。

コメディ映画で笑いたい人に絶対おすすめの映画になります。

3人の独身貴族が、生後半年の赤ちゃんを面倒を見るというストーリー。

3人の男たちは性格も趣味もまるで違う3人です。

そんな3人が赤ちゃんのお世話をするのに、初めてでうまくいかないその仕草やセリフがとても面白い。

何回見ても笑える映画だと思います。

22.ジョニー・イングリッシュ

Mrs.ビーンで有名なローワン・アトキンソンが主演、劇場公開版の日本語吹き替えは山口智充さんが演じています。

(ネット上での情報を見ると、販売版はなぜか山口智充さんではありませんでした。)

イギリスの映画でスパイ映画の007やミッションインポッシブルのパロディという感じですが、本来なることのない人物イングリッシュが諜報機関のエージェントに就いてからのドタバタが捧腹絶倒なのです。

イングリッシュはドジでとんまなことを繰り返しますが、都合のよい偶然が次々と起こり、事件を解決します。

Mrs.ビーンのローワン・アトキンソンは、表情や動作という視覚的なコメディに徹していた感がありますが、この作品ではあくまでも二枚目の線でセリフを言い続けます。

21.トッツィー

まずは、主演を務めるのが、世界が認める演技派俳優のダスティン・ホフマンであるという点です。

上手い人が出ると、とりあえずは見甲斐があります。

加えて、この作品ではほぼ全編を通じて彼の女装演技が楽しめます。

彼務める主人公は決して個人的な趣味で女装を始める訳ではありません。

れっきとした死活問題に基づくものです。

彼は売れない俳優なのですが、オーディションで募集していたのが女性だった為、意を決して女装で臨みます。

それが合格してしまい、本性を隠したまま女装姿でキャリアを始める事になります。

その役が大当たりし、彼もしくは彼女はすっかりお茶の間の人気者に。

そして、彼(彼女)は共演女優に恋をし、共演俳優からは惚れられと、複雑な人間関係にてんやわんやします。

そのシチュエーションが、芸達者な方が演ずると、何とも素晴らしいのです。

お勧めの一本です。

20.帰ってきたヒトラー

ヒトラーが現代にタイムスリップするというお話です。

総統として権力者の立場にあったはずのヒトラーがコスプレ芸人としか認識されずにバカにされ続けるというのが基本的な笑いどころでした。

それとタイムスリップして現代に来た人にありがちな小ボケも多かったです。

個人的にはWikipediaを初めて見たときの反応が面白かったです。

また「ヒトラー最後の2日間」という真面目な方の映画を知ってる人はもっと楽しめると思います。

ただ、笑われながらもヒトラーはいつも堂々としていて、語りは力強く、立ち振る舞いがとても魅力的でした。

戦争の象徴である人間を称えるのは良くないですが、ドイツ国民がかつて扇動されたのも分かる気がします。

半分はコメディ、半分は社会的なメッセージでできており、意外と作り込まれているなと思える映画でした。

19.バードケージ

何より主人公二人の名演技が光る作品です。

ロビン・ウィリアムズの味のあるキャラクターと、何よりネイサン・レインの存在感と愛らしさ、本物の女性を超えたかわいらしさが爆発しています。

ネイサン・レインのステージ場面は必見で、このショーを見に行ってみたい、と思ってしまいます。

個人的には主人公二人が住む家の使用人が大好きでした。

コメディとしてももちろん笑うポイントが満載ですが、全体を包む独特の世界観とどこかほんわかとした脇役を含む登場人物の雰囲気、すべてに魅了されます。

ステージショーから盛り上がるクライマックスにも大満足な作品です。

18.21ジャンプストリート

高校の同級生(いじめっ子といじめられっ子)が警察学校で再会し、親友&バディになって潜入捜査で高校生に戻る青春バディコメディです。

チャニング・テイタム(いじめっ子)とジョナヒル(いじめられっ子)の組み合わせはずるい。

『キングスマン』のアメリカンな馬鹿マッチョが『スーパーバッド 童貞ウォーズ』のオタク童貞とバディを組むと考えただけでニヤニヤしちゃいます。

内容もまさかの事態連発で笑うしかない。

もう頭の中が収拾つかないほどです。

くだらなくてしょうもない笑いが好きな人におすすめ。

凸凹バディコメディの傑作です!

17.レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

簡単なあらすじは、両親を亡くした子供たちが、遺産目当ての伯爵に命を狙われながらも各々が持つ得意分野を生かして、生き抜くお話です。

子供達は、次々に不幸に襲われながらも、お互いを信じあい絆を深め、「発明」「記憶力」「何でも噛む(笑」能力を駆使して、絶望的な状況を脱していく。

極悪非道な伯爵は、なんとしても遺産が欲しくて子供達を亡き者にしようと頑張るが、子供達を狙う悪党の癖に、どこか憎めない所もある。

今までコメディー役の多かったジム・キャリーが最後に見せる悪党としての顔。

悪者だけど…と言う思いを、一気に覆す邪悪な顔を垣間見せる彼の迫真の演技に、この映画の最後の最後で、「伯爵に狙われた子供達の本当の不幸せ」を見た気がしました。

16.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

SFコメディの映画なのですが定期的に入ってくるコメディが最高だと思いました。

入れてくるタイミングがめっちゃいいんです!

シリアスをぶち壊す感じが面白かったです。典型的な脳筋やアライグマなど非常に癖の強いキャラが多いので楽しめると思いますし、SF特有の重い感じは少なくかるーい感じで見られると思います。

また70年代のポップス曲を沢山使用しておりあらゆる場面で聞くことができます。

シーンごとに掛かる曲の選曲も良いですよ!

ほかのSF系の映画はあまりないことだと思うので良いと思いました。

私は元々こういう感じの映画を見ませんでしたが、すごく楽しめる映画でしたし人気もあります!

2も出ているし3も制作されるそうなので是非見てみてください!

15.サボテン・ブラザーズ

この映画は、1986年のアメリカ映画です。

当時、メインの映画を観に行くと1本分の映画代で2本映画を観ることができました。

同時上映と呼んでいました。

最近はめったにこの同時上映にはあたりませんが、高校生だった私は、メインの映画よりもこの裏方だった、サボテンブラザーズにとにかくハマってしまいました。

別にカウボウイが好きだったわけでもなく、ましてや俳優さん達のファンだったわけでもなく。

3人の受け狙いの演技がすっきりするほど良いんです。

以後、コメディ映画が好きになったきっかけとなる大事な1本になりました。

14.トゥルーマン・ショー

生まれたときから主人公の人生はテレビ番組として放送されている、しかも本人はそれに気づかないようにされているという話です。

設定として現実にも起こりうるんじゃないかという気味の悪さがありますが、小笑いをちょくちょくはさんでくれるので中和されています。

友達や町に住んでる人も主人公以外みんな役者なのですが、主人公が予想外の行動をしたために裏で休憩してるところや準備してるところが見つかりそうになるシーンが結構あって笑いそうになります。

もうちょっと抜け目なくやれよって感じで。

それをバレないように一生懸命修正しようとしてる姿も、また面白いのです。

13.オースティン・パワーズ

007のパロディ的なギャグスパイ物の映画です。

97年と昔の映画ですが、現在でも十分笑えると思います。

主演はマーク・マイヤーズ(吹き替えの声優は山寺宏一)で、プロデューサと脚本も手掛けています。

主人公のオースティンのお下劣な言動とそれに振り回される悪の組織の面々のドタバタ劇がシリーズを通しての本筋です。

主人公が60年代の人間のため、90年代のテクノロジーに追いついていない描写も見どころの一つです。

基本的に序盤から終盤にかけて笑いどころがあるため、仲間や家族(下ネタが多いため注意が必要)集まってワイワイ騒ぎながら鑑賞できるのもポイントが高いと思います。

12.デッド・プール

マーベル・コミックのキャラクターを題材に映画化された作品です。

私が本作品をオススメする理由とは?

主人公の”ウェイド・ウィルソン”がデッドプールになる前となった後の比較が最高だからです。

デッドプールになる前はニューヨークで働く傭兵。

ガールフレンドのヴァネッサと普通の日常を過ごしていました。

しかし彼がデッドプールになると、とにかくふざけ倒します。

ジョークはもちろん、自分勝手だし目立たないと気が済まないのです。

そして特徴的である”第四の壁”を無視して観客に語りかけてきます。

彼をX-MENに引き入れようとするコロッサス等に対しても妥協せずジョークを飛ばし、罵ります。

どんな危機的状況に置かれてもユーモアのセンスを失わない彼は、精神面でも本当のヒーローと言えるでしょう。

11.スクールオブロック

話の流れとしては、教員免許を持たない男が教員として学生に勉強を教えることになる、というストーリーです。

ただ彼は教員免許を持っていないので、教えるのはもっぱらロック。

音楽のロックを教えていきます。

まず設定からしてめちゃくちゃ、教員役の主人公もめちゃくちゃで面白いです。

生徒たちも最初は嫌がっていたのですが、徐々に心を開き、ロックすることに楽しさを見出してきます。

そして生徒と教師で組んだロックバンドを披露することになるのですが、そこまでもまたハラハラドキドキ、笑いあり涙ありでなかなか見応えがあります。

力を抜いて、ただただ笑いたい時にうってつけの映画だと思います。

10.ザ・ウォーク

ジャンルとしては厳密に言うとコメディ映画じゃないのかもしれませんが、私としては笑えてしまうシーンが多かった映画です。

「不法侵入して高層ビルの間を綱渡りしたい」という目的のために仲間で力を合わせて挑戦するというストーリー。

何か生産性があるわけでもなく危険で禁止されていることなのに、知識を集めたり色んな人と協力関係を結んだり、お金も時間も労力も命もここまで懸けるのかといった気持ちになります。

これが実話だというのでさらに驚きです。

途中スパイ映画風になってたところも面白かったですね。

「あれ、そういう映画だったっけ?」と思いました。(笑)

様々なトラブルに見舞われてもそれらを乗り越えていく姿には、こんなアホな挑戦になんでそこまで頑張るんだというツッコミを終止入れたくなる映画です。

9.ジャッカス・ザ・ムービー

jackassは、アメリカの海外ドラマですが、その映画版も超面白い!

本気にアホな笑いを楽しむなら…jackassがおすすめです。

アホにも程が有る命知らずな挑戦をしたり、見ている人誰もがハラハラする他人をも巻き込むドッキリ、アニメを見ているかのような人間離れしたぶっ飛び…幅の広すぎるアホが詰まりに詰まった一作です。

そして、女子には嬉しいイケメンも出演。お気に入りの人を応援するのも楽しみ方の一つです。

現実の世界に疲れ果てた方、最近大笑いしてない方、YouTubeを見るのが好きな方…jackass鑑賞でアホを充電してみてはいかがでしょうか。

一作目を見たら、続編を見るのは覚悟してください。

ようこそjackass沼へ。(笑)

8.ジングル・オール・ザ・ウェイ

映画公開当時にアメリカで見ましたが、周囲の盛り上がりに巻き込まれて爆笑した思い出が忘れられません。

「ホームアローン」シリーズと並んで、特にクリスマス時期に家族で見るのにおすすめのアットホームな楽しい笑える映画です。

アーノルド・シュワルツェネッガー演じる仕事人間のお父さんが、息子との約束を守るため「ここまでするか!」と思うほど徹底的におもちゃ争奪戦を戦い抜きます。

ゲットしたいレアフィギュアのために、恥も外聞もなく醜い争いを繰り広げるありさまが、逆にふっきれていて清々しいほど。

ラストのハッピーエンドでは思わず拍手し健闘をたたえたい気分になります。

7.天使にラブ・ソングを…

不良ばかりが集まる田舎の中学校、誰も歌わない音楽の授業。

合唱部の私はいつも悔しい思いをしていました。

そんな私を見兼ねてか、合唱祭の練習日前、担任の先生が見せてくれた映画が天使にラブソングを…でした。はじめはぼんやり映画を見ていたクラスメイト達。

徐々にデロリスの力強い言葉と歌に瞳はキラキラ、夢中になりました。

映画を見た後、みなは徐々に練習に参加し、合唱祭は大成功!

歌の力が、凝り固まっていた歌が人の心を躍らせ、動かす。音楽の素晴らしさを教えてくれる素敵な映画です。

ヘイルホーリークイーンや、アイウイルフォローヒムなど有名曲もいっぱい。

見終わった後は、みんなにこにこ口ずさんでしまうことでしょう。

6.イエスマン

明るい気分になれるいい映画です。

シンプルな話なので、とても気軽に見れる映画だと思います。

何か誘いに対してすぐに断るということをやめて、「イエス」と言い続けたらどうなるか…人生が楽しくなる!というメッセージのある映画。

何事にもうまくいかない主人公が、他人からのお願いや依頼に「イエス」と答えることから物語が始まります。

コミカルに描かれており「それは断ろうよ!」と突っ込みたくなる場面もある一方で、仕事をする上で、どうすればいいのか、という基本的な教えなも学ぶことができて面白いです。

新社会人が多い今の季節はもちろん、昇進など次のステップに進もうとしている方にも見て、糧としてほしい作品です。

断りたくなったり、利用されることも有りますが、それも自分の力や経験とする主人公の力強さは見ていて憧れました。

自分が思い浮かべる理想と今おかれている現実が違う方こそ、自分を変えるきっかけを見つけられると思います。

劇中では、「こんなに上手くいくわけないだろ」っていうぐらい大げさに主人公の人生が快方に向かいます。

でも、それがむしろ清々しいくらいです。

ぶっ飛んだ表現をしていることは分かっているけれど、主人公の始めたことがだいたい全て良いようにつながっていくのが気持ちいい。

演技やセリフの一つ一つに、コメディ感が入ってるところも面白いです。

5.ドクター・ドリトル

エディ・マーフィが主役のこの映画は1998年に公開されました。

動物好きな人、コメディ好きな人にオススメです。

エディ・マーフィが演じるドリトル先生はある日、動物の言葉がわかるようになってしまいそれがきっかけで動物を助ける立場になっていくのですがその過程が面白い。

エディ・マーフィのお茶目な演技と動物のやりとりが笑えます。

「動物と話ができたら、面白いだろうな」と、誰もが一度は思ったことがあると思います。

それが映画で実現してるのですから、面白いはずです。

終盤からラストに向けて、とても温かい気持ちになる素敵な面白い映画です。

動物と接する気持ちの大切さを思い出させてくれる映画で、子供も大人も楽しめます。

4.ホームアローン

自宅に一人残された子ども(ケビン・マカリスター)が、自宅に来た泥棒相手に撃退の方法を次から次へいろいろと考え、撃退していく様子は大変痛快です。

一人で留守番するケビンのところに泥棒が忍びこもうとしますが、ケビンの愉快なアイデアで撃退してしまう、その一部始終がとにかく笑えます。

泥棒たちの間抜けな演技がとても良いです。

特に、泥棒の一人のマーヴ・マーチャントは、こてんぱんにやられても脳天気な性格で、酷い目に遭っても立ち向かっていく様子が感動すら覚えます。

ケビンを取り巻く家族も様々な性格の人たちがいて、家族のあり方も面白く楽しめます。

ケビンの兄も作品の中で悪役的に描かれていて、ケビンをからかったり、意地悪をしたりしています。

兄が飼っているタランチュラが伏線として登場し、最後に兄に仕返しをする場面もとても痛快です。

古い映画なので、画質は悪いかもしれませんが、何度見ても、その先がどうなるかわかっていたとしても、観ていると笑ってしまいます。

話も単純であまり深く考えずに、気楽に見れるところもポイントです。

家族みんなでみても、友人と観ても、恋人と観ても、誰と観ても盛り上がる事間違いなしの映画です。

シリーズになっていますが、一話一話話はつながっていないので、シリーズ1から観なくても、途中からでもわかります。

3.メリーに首ったけ

最初から最後までひたすらくだらない下ネタの連続ですが、とにかく笑えます。

そしてヒロインのメリーを演じる若き日のキャメロン・ディアスがとにかく最高にかわいくて、同性でも彼女に首ったけになってしまいます。

(1998年の作品なので、当時26歳ですね。)

キャメロンディアスが綺麗ですごく可愛くて明るいけど、天然で抜けているところが笑えて仕方ないです。

軽い下ネタ系なシーンも出てくるけど、コミカルな演技でいやらしさもなく、クスっと笑えてしまいます。

彼女のピュアでキュートな魅力のおかげで、下ネタでもいやらしくなりすぎず、爽やかに笑えます。

思春期の男子がエッチなことに興味津々なのは知ってるけど、そのためにこんなことしちゃうのね、とある意味勉強にもなり、男子のおバカさ加減も大変ほほえましく楽しむことができるので、女子にもお勧めです。

疲れた時に見ると、とても楽しい気持ちになって元気が出ます。

有名な俳優さんや女優さんが出演している作品ですが、とても気軽に見ることができて、何度も繰り返し見ています。

キャメロンディアスのまっすぐでハツラツとした演技がコメディの楽しさに拍車をかけてくれます。

見終わったあとに思わず「おもしろかったー」と言葉が出てしまう映画です。

2.ミセス・ダウト

主演のロビン・ウイリアムズの類稀なコメデイアンぶりを存分に堪能出来る映画です。

とにかく芸達者で素晴らしい。

共演のサリー・フィールドもまた素晴らしい名女優。

元妻役を遺憾なく演じ切っております。

子役三人もそれぞれに良いし、元妻のボーイフレンド役のピアーズ・ブロスナンもいい味を出しています。

主人公はとにかく子煩悩な男性で、元妻に親権を取られてしまった為、子供たちとの時間を少しでも増やせるようにと、女装で変装し、子供たちのベビーシッター役として潜り込みます。

離婚した子供達に会うために女装して、家に家政婦として潜り込むわけですね。

ロバートウィリアムズが家政婦(ナニー)役を見事に演じきっていてすごいです!

早着替えがあったりと、もう爆笑してしまいます。

子供たちのうち、上二人には途中で正体がばれてしまうのですが、それでもうまくナニー役を続けていきます。

最後は元妻にもばれてしまうのですが、最終的には素の姿で子供たちと過ごす時間を設ける事が叶うという、いい終わり方です。

ロビン・ウイリアムズの、いつもながらの名演に捧腹絶倒ですが、氏の人生の閉じ方(病を苦にしての自死)に思いを寄せると、ただ馬鹿笑いというだけでなく、しんみりしたものも残ります。

コメディとしても面白いんですが、家政婦に女装しても子供達に会いたい、子供達を愛しているって気持ちが伝わってきてかなり泣ける場面も多々あります。

かなり昔の作品ですが、古典的な笑いなので何年経っても楽しめるコメディ作品です。

アメリカンジョークとかわかりにくい表現もなくて見やすい映画です。

"ミセスダウト"という家政婦がすごく魅力的で好きになること間違いなしです。

1.劇場版「ビーン」

コメディドラマ「Mr. ビーン」の初の劇場版「ビーン」です。

コメディ映画は好きですが、これに勝るものはまだありません。

いつ観ても本当に笑えます。

ビーンはほとんど言葉を発しませんが、動作や表情で面白さを表現できるのがすごいし面白い。

ビーンはよく失敗したりトラブルを起こしたりして、こんな人が本当にいたら絶対警察行きです。

でもビーンだからなのか、周りの人も怪訝な顔をするくらいで済ませてしまうところも笑える。

ビーンの顔の表情もおもしろくて、セリフだけではなく顔の表情やしぐさで笑えるものはこれだけかもしれません。

ドラマでは1話が短いので物足りなく思うこともありますが、劇場版ではビーンの面白さをたっぷり堪能できます。

ストレスが溜まった時や大笑いしたい時など、何も考えずに観るのがおススメです。

つらいことがあった日でもこの映画を観れば、まーいっかとか、なんとかなるさみたいな考えになり、元気が出ます。

何も考えずに気楽に見れて笑えるので、疲れていて頭をつかって映画を観たくない時には、うってつけです。

もうけっこう古い映画になりますがビーンの魅力は衰えていません。

まだ観たことがない人には、ぜひ観てもらいたいおすすめのコメディ映画です。

さいごに

いかがでしたか?

コメディ映画を見ると笑えて楽しい気分になれます。

ぜひ今回紹介したコメディ映画(洋画)で笑ってくださいね!

それではまた。

動画配信サービスを利用しようか迷っているあなたへ

こちらを参考にどうぞ↓
動画配信サービスを利用するメリットを50人に聞いてみた!
まだAmazonプライム会員を迷っている人へ。
Huluを5年契約し続けてわかったメリット・デメリットを本音で話す【体験談】

スポンサーリンク

-映画

© 2021 ネットのミカタ Powered by AFFINGER5